2016年10月30日

尾山台は北口へ

床屋さんて歯医者と同じでなかなか変えるのに勇気がいります。引っ越してもそう。髪の毛が少なくなってくると、なおさらです。たった1人の理解者くらいの感じ。それでってわけじゃないんですが、床屋さんは昔住んでいた尾山台に行っています。尾山台は事務所のある九品仏の隣駅。
もう1年半くらい前になりますが、いつものように少ない髪の毛をなるべくボリューム出るようにお願いします と無理を承知で頼んでやってもらってたら、肩越しに「ホームページなんかも…やりますか?」と商店街のホームページのことを相談されました。いつも仕事のこととか話しているのでグラフィックデザイナーってことはご存知。聞けば現行のホームページはすごく前に作ったもので使いづらく変えたいという意見があってってことでした。尾山台の商店街というと南口の『ハッピーロード』が有名ですが、北口にも等々力通り周辺に80店もの商店街がありまして、そっちは『ふぉ〜ゆ〜尾山台』といいます。そっちです。最初ふぉ〜ゆ〜ってどうなの〜って思いましたがジャニーズのグループにあるんですって。四人組で名前に全員ゆうの字が入ってる。で『ふぉ〜ゆ〜』…四人のゆうちゃんでふぉ〜ゆ〜…しょせん名前なんてそんなもんです。お互い頑張りましょう!
それで、知ってる商店街ですし…ぜひ…ぜひ…なんてなりまして…それからコンペなんかがありまして…モロモロあって遅れまして…遅れたことで年度が変わりまして…オレはディレクションと進行と頼まれたお店の写真撮影。HPデザインはSさん、コピーはTさん。スタッフと商店街の人達の頑張りがありまして…ましてまして…やっと出来上がりました。11月1日から変わります。

oyamadai2016.jpg

検索してみてください。
ふぉ〜ゆ〜
尾山台ホームページ
http://oyamadai.net/
posted by gutter at 17:55| Comment(0) | 日記

2016年10月25日

シマトラさんを知る

シマトラさん、島田虎之介という漫画家のことは全く知りませんでした。『ダニー・ボーイズ』という舞台のチラシをやることになり、その原作が島田虎之介さんの『ダニー・ボーイ』だったんです。

danny.jpg  dannyboy.jpg

漫画が原作か、と軽く思ってたんですが、読んでみると面白い面白い。漫画という範疇で到底くくれない文学性がありました。一度読んだだけでは全部理解できなくて、絵は違いますが高野文子さんを読んだ時に近い心地よいわかりにくさ。絵は杉浦茂やつげさんの感じもあるし、コマ割は凝っていて映画を観ている様…。それで、出されてる本を片っ端から読みました。どれも良かったんですが、中でも『東京命日』が好みでした。

toroi.jpg

DSCF2024.jpg

映像好きはぜひ!『トロイメライ』は手塚治虫賞受賞作。カバーデザインも素敵です。この二冊のデザインは南伸坊さん。おにぎりの絵を描いておにぎりみたいな顔のイメージしかなかったんですがただ者じゃないですね。
島田虎之介(シマトラ)さんとはパンフレットの打合せで会いました。その前に、まず島田虎之介って名前はなんなんだろう と思って彼のブログをのぞきにいったらトップ画面に猫二匹。おぉ〜シマ(縞)とトラ(虎)かぁと早合点。お会いした時に得意げにシマネコとトラネコだからだったんですねぇ〜と聞くと「違います」の一言。いや「猫は飼ってますけど違います」の二言。というかダメ押し。それでもしつこく聞いてみると、なんと大菩薩峠に登場する剣豪の名前からとったとのことでした。(実在した剣客だそうですが)仲代さん主演の岡本喜八版で言えば三船さんの役。漫画を何冊か読めばわかりますが映画の知識も半端ないです。
39歳でデビュー。そこから16年の間に5作。寡作です。ですが、それだけ映画、音楽、本、絵画、漫画…なんやかんや好きなものが詰まって詰まって詰まって、考えぬいて生み出した作品。面白いです。
posted by gutter at 16:22| Comment(0) | 日記

2016年10月10日

たまりやとホテル

事務所のある九品仏の文化といえば言わずとしれたD&DEPARTMENT。D&Dは事務所から歩いて7〜8分の所にありお洒落若者の巣になってます。日本の古き良きものをカッコ良く見せた草分けですね。カリモク家具もここから広がりました。カリモクって言うとカッコ良いですが、本来の社名は刈谷木材。愛知県刈谷市に昔からある家具屋さん。刈谷木材だとなんだかローカル色たっぷりで田舎っぽいのに、カリモクになるとミッドセンチュリー色豊なオシャレメーカーになってしまう…不思議ですね。岡崎木材とか蒲郡木材なんてのがあってオカモクやらガマモクってやってもあぁはならなかったでしょう。製品とリンクした戦略があたったんですね。さてさてD&D。
実は最近はあんまり興味がなくなってしまい、近くにあってもあんまり行かなかったんですが、先日ちょこっと寄ってd design travelの愛知版を買ってきました。d design travelというのは48都道府県の見所を各県1冊ずつ発行している本です。
aichi.jpg
その愛知版に、ブログやFBで偶々知り合った西尾のレストラン「たまりや料理店」が紹介されていると知り、手にいれてきました。「たまりや料理店」にはまだ伺ったことはないんですが、地産地消で地元の美味しいものが食べられる古民家レストラン。料理専門の小さな図書館もあるようです。気になった方はぜひ!
tamari.jpg
gama.jpg
本の中からのもう1枚は地元蒲郡のシンボル、蒲郡クラシックホテル。なんども登場させてますが、もともとは昭和4年創業の蒲郡ホテルです。廃業して蒲郡プリンスホテルになり、いまは蒲郡クラシックホテル。名前と経営者は変わりましたが昭和モダンのステキさはそのままに近代化産業遺産に認定されました。ひと安心です。実はうちの両親が結婚式第1号。昭和三十年代の田舎はホテルで式をあげるという習慣がなかったんでしょう。蒲郡を離れて30年以上経つというのに故郷というのは何かにつけて気になるもんです。
posted by gutter at 23:29| Comment(0) | 日記