2019年01月31日

きしめんと鰹節

実家のあるのは愛知県の蒲郡市。高校は名古屋まで通っていました。通学に2時間かかるんで朝は6時22分の電車に乗ります。次が6時57分なのでこれをのがすと遅刻。でも1本しかないと案外遅刻しないもんです。遅刻するのは大概学校のそばに住んでるヤツです。逆に早めに学校に行きたい時は大変です。なんたって6時22分の前が5時9分の始発しかありません。東京から来る大垣行きです。車内はすっかり旅行気分の貧乏大学生や行商のおばあさんなんかと一緒で、洗面台が多めについてます。刈谷までは就寝扱いなのか消灯モードで、刈谷を過ぎると「ピンポンパンポ〜ンみなさまおはようございます〜」とアナウンスが入り明るくなります。大学生になってからお金がない時はよくこれで実家に帰りました。
帰りは帰りで、ちょっと遅くなるとお腹がすいてしまい、名古屋駅ホームの端にある立ち食いのきしめんをよく食べました。熱々のつゆにもちっとした麺、そこにドサッと鰹節。美味しかったなぁ、やっぱりきしめんには鰹節です。

ほんで今の自由が丘の話です。自由が丘はオススメなお蕎麦屋さんがありません。昔ながらのか高いのかどっちかです。普通に良いのがない。それでもきしめんを食べたくなった時は、駅近の高めなお蕎麦屋さんに入ります。ここのきしめんは美味しいです。先日、田ごときしめんというのを注文した時のこと。この田ごとには色んな具が入ってて美味しいんですが、鰹節がのってないんです。いつもそこが不満だったので、料金は少し上がってもいいので鰹節をいただけないかと頼んでみました。しばらくして店員さんが困った顔してテーブルの横にそそそっと近寄り「…すみません…なんだか単品扱いになるみたいで…すみません…頼みませんよね…なしでいいですか?」
「えっいくらになるんですか?」
「…単品扱いで…250円です…じゃそのままで」
あまりの値段にびっくりこきましたが、こうなりゃ意地です。
「いいです。お願いします。」
「えっ250円ですが……わかりました」
きしめんに続いて単品扱いの鰹節が来ました、藍染付の上品な小皿にのってます。削ったのじゃなくあきらかに袋詰めのやつです。しかも多い。のぞんだ味にはなりましたが、ただでさえ高いきしめんがべらぼうになりました。まったく融通って言う言葉を知らんのかなぁ。
posted by gutter at 23:12| Comment(0) | 日記

2019年01月30日

シアターガイド惜別

昨年の10月末の事、演劇雑誌シアターガイドを発行している会社、モーニングデスクが倒れてしまいました。月刊誌のシアターガイドは演劇という文化を支える、なくてはならない存在。月ごとに小劇場から海外情報までまんべんなく、大小や規模に偏らず、分け隔てなく演劇情報が載っている雑誌はほかにないからです。いわば唯一無二の雑誌。演劇ライターのほぼすべてがシアターガイドに在籍していたか執筆しているし、ほとんどの劇団がシアターガイドの取材を受けていました。はたしてこれからどうなるのでしょうか?単独の劇団のネット情報だけあればいいのでしょうか?純粋な演劇ファンが減ってしまわないか心配です。
IMG_3005.jpg

このモーニングデスクという会社に20代後半に3年在籍していました。当時は外苑前の狭い2DK。入った時とてももう一つ机が入るように見えなかったので、「誰か辞められるんですか?」と社長に聞いたんですが、だれも辞めないよ との答え。
で、出社の日。社長の机が無くなっていて、社長は本棚の棚を一段空けて机がわりにしていてました。本棚に椅子がぴったりくっついて変な感じ。棚と棚の間に顔をつっこんで、まあまあ出来るよと。ある時は「お前たち、仕事ばっかりやってないで映画も観なきゃ」と言い出し、月に映画1本代として1500円支給すると宣言、社長自ら平日ヒマな時に映画観に行ってました。社員旅行で北海道に行ったことも…いまでは信じられないのんびりしたいい時代。その頃は半分くらいが演劇の仕事。そのうちほとんどが演劇の仕事になり、シアターガイド発行。
演劇の雑誌を出すのが社長の夢でした。最初は本屋に置けず、自転車で劇場まわり。そこから少しずつ本屋に出すようになり、演劇と沿って歩くようになりました。
自分がやめてからもなんだかんだでお芝居の仕事はずっとしていたので、お手伝いを少ししたり広告を入稿したり。恵比寿では近所だったので交流はありました。
モーニングデスクにいた時に社長から言われた言葉で、いまだに覚えていることがあります。その当時は演劇以外の仕事も多く、ラグビーのカタログをやっていた時のことです。胸にロゴマークがあるジャージが並んでいるページだったんですが、一個だけ逆版で印刷してしまったんです。色校正でも気づかず大失敗でした。
「失敗した後も、相手と良い関係が続いていけるかどうかが大切なんだ」
そのラグビーの仕事は30年が過ぎ、モーニングが無くなるまでずっと続いていて、今度自分が引き継いでやることになりました。良い関係が続けられるように頑張らねば。
043A0103.JPG
posted by gutter at 19:44| Comment(0) | 日記

2019年01月25日

とっくに明けました。MAC入りました。

もう2月になろうかっていう時期ですが、みなさま今年もよろしくお願いいたします。今年の年賀状はこんな感じでした。事務所のSの作です。
2019-1.jpg
イノシシって害獣のイメージが強く、神出鬼没で、暴走しまくって落ち着きがなくて嫌。で、Sにイノシシ画を頼む時に
「猛進とか猪突とかしない、ゆるゆるのんびりダ〜ラダラしたイノシシでお願い!」
って言ったらこんなのになりました。ダラダラしすぎですが、のんびりいきます。それにしてもイノシシ年っていっても、もう印象薄いですね。干支のイノシシを意識するのって七草かゆくらいまでかも。
Sはデザイナー兼イラストレーター。自分でイラストブログもやっています。
https://kasamarunote.wordpress.com
絵本に挑戦したりもしてます
44789024_2050350725022185_4484975596908052480_n.jpg
彼女の興味の中心は食べもの。とにかく仕事中でもなんでも時間の空いたときは、百発百中誰かの食べ物ブログ見てあす。そのくらい食べ物探究心がスゴイので、イラストも食関係が多いです。
nub20181130.jpg IMG_4146-2.jpg
IMG_4155.jpg IMG_4172.jpg
たまにこんなのも描きます。食い〜んじゃなくクイーン。
fredy-2.jpg
おれもよく登場します。
ネットショッピングでキャスケットを購入した時のことです。試着したら大きくて合わず返却した話がちゃっかり書かれてちゃってました。油断も隙もありません。

「おれ、頭が大きいからLサイズだと思って買ったんだけど、すごく大きくてさ〜、かぶったら左右が垂れるような感じになっちゃって…」と言うので、「七福神(大黒天)みたいな感じですか?」と言うと、そのような感じだったそうです。想像すると可笑しくて吹き出してしまいました。
nub201712211.jpg

こんな感じです。油断禁物ですわ。まぁ面白いからいいですが…
また。最近はこんな記事も
ついに事務所に新しいマックが導入されました。社長のデスクに古いマックと新しいマックが並んでいるので、ひと昔前のハイパークリエイターみたいになっています。「新しいマックはどうですか?」と聞くと、「うん、こっち(古いマック)で作業しながらこっち(新しいマック)でメールの確認ができるから便利だよ」と…先行きが不安です。
nub20191011-2.jpg
それから1ヶ月近く経つので少しずつ新しいのでやってます。

しかし、一番最初のことなんですが、電源をどこで入れたらいいのかわかんなくて知り合いのマック使いに電話しちゃいました。電源ウラですよ ウ ラ 写真でいうと下のアップルマークがある銀色の帯の左の方のウラ。手探りで押すわけなんです。ど〜かと思うわ。デザインってそういう事じゃないですわ。ユニバーサルからかけ離れてる。
IMG_2984.JPG
まあそんなわけで今まで開けなかったデータも開けるようになりました。
新しいお仕事、Sのイラストの仕事も待ってます。
posted by gutter at 17:42| Comment(0) | 日記