2008年04月03日

マルサ 1 はマル 2 はペケ

夜、お風呂入ってからな〜んとなくダラダラしちゃったり
テレビをつけてたりなんかしちゃったりしてると
(ちょっと広川太一郎風…あぁ残念です)
映画が始まったりなんかしちゃったりして…
うっかり観ちゃったりなんかするとハマちゃったり…もういいか
一昨日がそんな日でつい3時近くまで観ちゃいました。
「マルサの女」マルハじゃないですよ。
伊丹十三監督の名作です。
これもな〜んとなく観てなかったんですが面白かったです。
濃い、ひたすら濃い劇画調。えぐみたっぷり。
「めがね」と対極にある映画ですなあ。
それにテンポがいい。うまい役者が豊富。ふんだん。
これでもかって感じにでてきて…演技も濃厚。
さらに音楽との相乗効果のパワーに圧倒されます。
好き嫌いでいうと、そんなに好きなジャンルの映画では
ないのですが、そのエネルギーの凄さに敬服します。

あっもとい(昔もといってあだ名の先生いました)
マルサ2面白くなかった。最後まで観なかったよ
ま、色々です
posted by gutter at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13536742
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック