2015年06月11日

Spirit of Derwin

暗中模索の中からはじまったPOP UP BOOKがやっとやっと…やっと完成しました。POP UP BOOK、飛び出す絵本風会社案内です。クライアントはヴィンテージ家具やヨーロッパのアンティーク小物を取り扱っているold maisonさん。9日から始まった展示会になんとか間に合いました。3月頭に最初の打ち合わせをしてから約3ヶ月。最後の1ヶ月は作っては直し、直しては作りのまさに手探りの状態でしたが、なんとか対岸にこぎつけました。手こぎです…最後はオールが流されて手だけだったかも…。
なんで家具屋さんの会社案内にダーウィン? そう思われる方も多いはず。 

案内状には、
いつも命をずっと見つめ、その謎を読み解こうとしたダーウィンは、自分の脚で調べ、目で見て、ひとつの結論を導いた。そんな彼の溢れる好奇心から学べることは何か? とあります。

つまり「ダーウィンの精神に学ぶ」Spirit of Derwinな展示会なのです。

derwin1.jpg  DSCF0039.JPG  derwin2.jpg

想像するのはは楽しいけど、表現し形にするのは難しく失敗の繰り返しがほとんどです。でもそこから生まれるものは想いは詰まっている。
好きなことを見つけて磨いて一緒に楽しいことをやりましょう!

今回の展示にはそんな気持ちがこめられています。

ダーウィンさんは進化論かガラパゴスの人くらいの認識しかなかったんですが、なかなかどうしてスゴイ人でした。POP UP BOOKなんですが24Pの本の中に25個くらいのPOP UPがありまして、old maisonの家具や小物とイラストの合体になってます。イラストはおおの麻里さんです。ステキな絵を描いてくれました。

写真を撮って、それに合わせてイラストを書いてもらい、組み合わせてPOP UPにするんですが写真が大変でした。POP UPって地面に対して平に置かないとおかしく見えるんです。でも普通に写真を撮ったら左下の写真のように椅子の奥の脚は奥の位置、そのままPOPUPにすると奥の脚は上にあがったようになってしまい1本足で床についてるようにしか見えません。
isu.jpg  DARWIN4.jpg  CA3F8634.JPG
だから脚をみんな床まで伸ばしました。変なんですが脚が上がっちゃってるのに比べると数倍いいんです。右の写真が完成したものです。机も奥のキャビネットもold maison商品。右の写真の左下の箱も蓋が開いて中に四つ折りが入ってます。これも大変でした。考えてみたら海外のすんごいPOPUPBOOKってイラストなんですよね。写真は難しいです…。
それから困ったのが、たたんだ時に貼ったモノがはみ出ちゃうこと。
DSCF0035.JPG
ガラスケースの中の家具はもっと大きくしたいとこですがこれでギリギリ…難しいです。そんなこんなを全部お見せしたいとこですがまだ見本しか出来上がってないんでここまで。
表紙は入稿データです。実際には穴が空いていてダーウィンさんの顔が見えているんです、ちゃんと中心にくるのかが心配だったんですがうまくいきました。
1-4.jpg
タグ:old maison
posted by gutter at 16:15| Comment(0) | デザイン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。