2017年03月01日

アラララ、ベイティ

oreasu.jpg

アカデミー賞授賞式で作品賞を間違えるハプニングがありました。
『俺たちに明日はない』コンビのフェイ・ダナウェイとウォーレン・ベイティは本当にお気の毒。ボニー&クライドで蜂の巣にされて以来のショックかも。映画の二人は格好よかったけど、兄貴役のジーン・ハックマンが抜群でした。彼はこの時37歳。30歳過ぎてから俳優を目指したから遅咲きですね。横道それましたベイティの話。ベイティはシャーリー・マクレーンのメイテイではなく、シャテイでもなくジツテイ…というか実の弟なわけですが…二人似てないですよね、名前も違うから言われないとわからない…で、この名前の読み、ベイティだったんですね。ずっとビューティかと思ってました。中学の時に雑誌スクリーンで見てからずっと間違えてました。ベイティだったなんて。
それで調べてみたんですが『俺たちに明日はない』の時はビーティ。『天国からきたチャンピオン』の時もビーティ。デビューの『草原の輝き』の時もビーティ。最初っからビューティではなかった。ビューティビューティ〜は全く間違ってましたわ…思い込み。「ウォーレン・ビューティよかったよね〜」とか言ってたかと思うとお恥ずかしい…
20170301140543_00001.jpg  20170301140621_00001.jpg
20170228143813_00001.jpg  20170228144123_00001.jpg
20170228143831_00001.jpg  20170228144049_00001.jpg
いつからビがべになったんだろう。まぁこういう翻訳の間違いや変更はよくありますね。
極めつけは『タクシードライバー』右が兄貴が買ってきたパンフ、左がオレの。オレのはマーチン・スコシ−ジで兄貴のがアララララ、マーチン・スコルセーセ。スコルセーセ? セーセって? 本当はみなさん御存知、スコセッシ。調べてから刷ろうよ。名前の読みを音で聴いてから刷ろうよ。それにしてもスコルセーセはないわ。と言いながらもこのパンフお宝です。
20170228143848_00001.jpg   20170228143910_00001.jpg

20170228144011_00001.jpg   20170228143944_00001.jpg
posted by gutter at 16:01| Comment(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。