2020年02月23日

古梅と新梅

借家の片隅にいまにも倒れそうな梅の老木があるんです。倒れそうなというか、実際に倒れてしまい、丸太やらお向かいの家で使ってた敷居やらで支えてなんとか立ってます。梅は皮でも生きると言われるそうですが、まさしくそんな感じ。真ん中あたりに白いキノコ的なものも出来てしまっています。これが古梅霊芝かな?と思い、ノコギリで削ってヤフオクに出したら三千円で売れました。
横道にそれました。ヤフオクってしまいましたが、心配なんです。それでなんとか子孫を残せないかと考えまして、挿し木したんですがダメ。それなら種から発芽させられないかとやったんですが…ダメ。試行錯誤していると、ネットで種を削って冷蔵庫で冷やすという情報を得ました。それで何粒かやってみたら、たったひとつだけ芽が出たんです。本当はしまった事も忘れちゃってたんですけどね。春になって冷蔵庫の奥で見つけ「ん〜なんだ、これは梅干しの古いのか…んっあれっ」てな感じ。

そこから鉢で大事に育てて6〜7年、カイガラムシがびっしりついて危ない時もありましたが、ついについについに今年、花が咲きました。
DSCF0520.JPG
梅の実生から梅の花。とっても嬉しいです。

老木もまだ頑張ってます。
DSCF0513.JPG
posted by gutter at 19:31| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。