2021年01月08日

ふりかえると収穫も多かったコロコロの2020年。

時間って何にもしないと早く過ぎます。記念すべき2020年がコロナでボーッとしてる間に過ぎてゆきました。やれやれ、いろんなことがどうでもいい感じになるのが怖ろしいです。
力士がやるように両手で顔をパンパン、両手をくんで思いっきり上に伸ばして、ゆるんだ体と心を動かさなきゃ。
たくさんの中止と延期、縮小があった2020年なんですが、後半はシビレを切らした各制作陣が安全な抜け道ややりどころを探し出し、色々と声をかけていただきました。

そこからいくつか
KOE.jpg
無名塾の円地晶子さんのひとり芝居『声』
誰だかわかんないし、何着てるのかわかんないし、何持ってるかもわかんない。アンティークなネグリジェとアンティークな電話。仲代御大に、いつも書いてるのじゃなく作品のイメージで題字を頼んだら30個くらい楽しんで書いていただきました。で選んだのがこれ、こりゃ書けんわ。

NINGENSHIKKAKU.jpg
その仲代さんが米寿、88歳でコロナが蔓延する中、東北に旅公演されたのが朗読劇『人間失格』イラスト は村田篤司さん。仲代さんのようでもあり、太宰治のようでもあり、いいですね。本当は有名な太宰の頬杖は左手なんですが、これはこれでとってもいいです。

doresser.jpg
加藤健一事務所の『ドレッサー』ドレッサーのビジュアルってほとんど老いたシェイクスピア俳優と付き人の二人のパターンが多いんです。こちとらもその頭しかなかったんですが加藤さんから戦争をテーマにしてくれとお題がでました。それでこの背景になっている写真が見つかりました。本当に空爆された劇場です。そこから合成したんですが本物の迫力は違いますね。

nokorimono.jpg
前進座『残り者』江戸城明け渡しの最後の日に城に残ってしまった奥女中5人と白猫のお話。もうそれだけで面白い。なにかと男性陣中心の前進座ですが、女性ばっかりでとても面白い舞台になりました。

NHTPA.jpg
シーエイティプロデュース『Now.Here.This』ミュージカルです。いまここに生きる私は世界にひとりだけ。自分のアイデンティティを見つめ直す。苦難に向き合ってるいまだからこその舞台でした。

posted by gutter at 16:35| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。