2009年03月13日

ドライビング・ミス・デイジー ファイナル公演

ドライビング・ミス・デイジー最後の東京公演の幕が上がり観てきました。
いや〜面白かった。
この芝居、稽古、2005年の初演、東京公演などなど何回も観ているんですが今回は久しぶり。
嬉しいことに仲代さん、進化していた。
とっても失礼な言い方ですが、良くなってました。
惰性にならず進化する本物の役者の凄さを改めて感じました。
もちろん部分的にはお客さんサービスなんかもありパフォーマンスが過ぎちゃって流れが悪くなってるとこがあるにはあるんです。終末に向けては以前の方が感動的だったかもしれません。
ですけんど、なんでもなかったとこがジーンとくるいいシーンになってたり新しい発見が随所にありました。奈良岡さんとの掛け合いも本当に会話を楽しんでる風で聞いてる方も楽しい。
こういう変化ってお芝居ならではでとっても嬉しいです。
76ですよ〜そして奈良岡さんは79。スゴイの一言。
奈良岡さんも一段とチャーミングになってました。
2時間休憩なし。出ずっぱり。頭が下がります。
仲代さんは若い頃、千田是也さんから再演、再再演をすすめられたそうです。同じモノを何度も演る良さがやはりあるんですねぇ〜。
チケットがほとんど無いようですが…、ぜひ!
タグ:仲代さん
posted by gutter at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27567886
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック