2009年10月14日

三茶といえば大道芸

三軒茶屋といえば三茶、三茶で秋のイベントといえば大道芸。今月の24日(土)25日(日)、三茶は大道芸で盛り上がりに上がります、上がりすぎちゃいます。いまや世界的スター「がーまるちょば」もここの常連でした。例のかばんが止まってるネタもよく見たなぁ。あの頃はトサカの兄ちゃんマイムうまいじゃん くらいに思ってたんですが、遠く高いところにいかれました。すごいこってす。いつかまた三茶に凱旋してくれるとうれしいですわ。
この大道芸のお仕事も10年近くやらさせていただいております。感謝感謝。イラストはイギリス人のジョン・シェリーさん。今はロンドンに住んでいらっしゃいますが20年以上日本にいらしたので日本語ペラペラ、メールも漢字まじっても大丈夫です。シェリーさんからの返信でたま〜にちょっとおかしなとこありますが雰囲気でわかります。だからラフも入稿もメールでやりとり、問題なくスムーズにやれてます。コレ20年くらい前だったら信じられないですよホント。

タッチの違うペン画の作品もステキです
http://www.jshelley.com/

シェリーさんがずっと絵の中に描いていたパフォーマーのオジサンに相棒が加わって、2005年にキャラクター、サンチャとダイドが出来ました。

sangen03colのコピー.jpg

この名前ベタですよねぇ。ベタすぎる。そもそもはシェリーさんが候補として(サンチャとダイド)って名前つけてきたんですが、あまりにもなんで公募したんです。ところが一番多かったのが(サンチャとダイド)。で、結局(サンチャとダイド)。あらためてキャラクター見ると違和感ないんですよねぇ。はまってます。ベタ大正解だったわけです。

今年のポスターはダイドのアップ。インパクトがあってすごくいいポスターに仕上がりました。サンチャは帽子の穴からのぞいています。いつか着ぐるみ人形ができるといいなぁ。

daidogei.jpg

パンフレット見ますと今年初のパフォーマーが何組かいます。
「セレストロイ」  「ファミーユ・ゴルディーニ」
Celestroi.jpg      La Famille Goldini.jpg

「セレストロイ」、巨大な三人組で中世の楽曲を演奏するって書いてあります。やっぱ大道芸はでかいとポイント高いですねぇ。「ファミーユ・ゴルディーニ」は大きな女の人と小さな男の人のアクロバット。かっちょいいオシャレですわ。これまた楽しそうです。お天気なら二日間で15万人以上の観客でごったがえします。お客さんは年々増えてますから見たいパフォーマーがいたら早めにいって(お目当ての前のパフォーマーから)待ってることオススメしまっす。街歩いてるだけでもけっこう楽しめますよ。
http://www.setagaya-ac.or.jp/arttown/
posted by gutter at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32912954
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック