2010年08月09日

ラブリーひょうちゃん

愛知の実家にいた頃です。横浜のおばさんが買ってきてくれるお土産はいつも崎陽軒のシウマイでした。面白い顔の描いてある醤油入れと先に貝がついたようじがついていて、つめたいまま食べてました。あっためて食べたことはなかったなぁ。
顔のあるひょうたんみたいな形の醤油入れ。愛称はひょうちゃん。その当時はふたがコルクでした。ひょうちゃんは入ってないけど、今でもシウマイ弁当は好きです。タケノコやアンズにいたるまで、シウマイ以外のおかずのレパートリーも申し分ないですが、なにより経木ってとこがいいですね。ふたについたごはんつぶを割り箸でゴシゴシ。やっぱりプラスチックじゃご飯が美味しくないですわ。
さてひょうちゃんです。ひょうちゃんは大小があり、たくさん入ったシウマイ買わないと大は入ってないので小ばっかりあつまっちゃいます。ひょうちゃんの完成度、魅力は大には到底かなわないですね。
ワタシはコレクターではないのですが事務所のSさんがファンでしてコレクションしてます。最近手に入れたものから少し
CA3C0417.jpg   CA3C0414.jpg
CA3C0418.jpg   CA3C0416.jpg
3つが大で最後のが小です。
これらは漫画家の横山隆一氏の復刻ひょうちゃんで、今発売されているものです。
このひょうひょうとしたラフさこそがひょうちゃん。愛らしい。なぜこの絵なのか全くわからないものもあり、カテゴリーにしばられない不思議さがなんともいえないですね。これが生活シーンとかバリエーションがはっきりわかるように計算されて作られてたら面白くないですね。内容が思うがままのグダグダかげんがステキです。
あくまで好みですが、2代目ひょうちゃんの原田治氏作品は、ワタクシ的にはちょっと×なんです。女子高生向けというかなんというかファンシーって奥行きや面白みにかけるように感じます。すみません。その他、2008年に100周年記念で発売されたアンクルトリスで有名な柳原良平氏モノがあります。
これは大小7種類ずつあるようですがオシャレでとってもステキですね。欲しい〜! ぜひ箸置きにしたいです。

yanagihara.jpg
posted by gutter at 19:21| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
特製で失礼しました。(^^;)
あの微妙な空気はそういう事だったか、と納得。
普通は時々口の中に残るものがアリマスが、特製はそれがない。やっぱリッチ感があります。でもめったに買わないけど。

柳原良平氏のひょうちゃん、おしゃれですね。
Posted by みの字 at 2010年08月27日 23:39
ややや、コメントいただいていたのに気づかなくてすみません。
ひょうちゃんはやっぱり大ですねぇ。柳原ひょうちゃんたまにヤフオクでるんですが高くて…柳原ひょうちゃんも復刻するような気もしますね。って言うか復刻してくれないかなぁ
Posted by at 2010年09月23日 14:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。