2010年10月26日

今年のドラマは『火の魚』

「東京ドラマアウォード2010」が25日発表され、連続ドラマ部門のグランプリに『JIN-仁-』が選ばれたようです。単発ドラマ部門のグランプリは『わが家の歴史』。普段ドラマはあんまり見ないのですが、偶然にも受賞作は全て(『龍馬伝』はトビトビですが)観てました。『JIN』は最後のぐずぐず感がちょっといただけなかったのですが、全体としては良かったです。惜しいのは美術や衣裳。『龍馬伝』の衣裳やカメラがすごくよかったので、比べてしまうと(綾瀬さんのピンクの着物とか)…?でした。主役の大沢さんは今まであまりいいと印象がなかったのですが、見直しました。しかし『SP』もそうですが、ドラマってあきらかにつづくだったり、映画を観てねだったり、そういう儲け主義見え見えのってヤですね。○○の巻でしたって感じでちゃんと終わってほしいですわ。単発ドラマの『わが家の歴史』はちょっと論外。三谷さんの作り物感がちょっと自分がダメになってきているかも。はっきりいってどこが面白いのかわからなかったです。家族に見えない。向田邦子シリーズなんかと比べると…?。面白かった方すみません。
ワタシが単発ドラマ部門のグランプリを選ぶとしたら断然『火の魚』
これはすごくよかったです。最近観たものの中では抜群。再放送と2回観ましたが、もう一度観たいですね。話が面白いんです。また、やったらぜひ!
その他の主な個人賞は
主演男優賞 大沢たかお(『JIN-仁-』)
主演女優賞 松雪泰子(『Mother』)
助演男優賞 香川照之(『龍馬伝』)
助演女優賞 尾野真千子(『火の魚』、『Mother』)
演出賞 黒崎博(『火の魚』)
脚本賞 坂元裕二(『Mother』)
アジア賞 『JIN-仁-』
特別賞 『龍馬伝』撮影チーム、芦田愛菜
『火の魚』、『Mother』、『JIN-仁-』、『龍馬伝』どれも自分が面白かったと思うものばかりです。おかしな作品が入ってなくて良かった。いいものはいいんですね。安心安心、なにに安心してるかわかりませんが…
あえて言うなら助演女優賞は田中裕子さん『Mother』ですかね。尾野真千子さんのはどちらかというと『火の魚』ですが、『火の魚』は助演というか主演だなぁ。すごく良かったですけどね。主演男優賞の大沢たかおさんは文句ないですが『火の魚』の原田芳雄さんも良かった。まぁ『火の魚』がとにかく好みなんですわ。香川照之さんは何やってもうまくって賞とっちゃうので、もうベストジーニスト賞みたいに助演賞卒業にしたらどうですかね。


タグ:火の魚
posted by gutter at 15:48| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
初めましてyowと申します 
香川氏のファンです 
以前ご年配の名俳優さんが 
『こういう「賞」はもう後輩に譲りたいが
 やはり譲れない(いくつになっても欲しい)』
というようなコメントをなさったように思います 
『今年一番よかった人』という栄誉 
いくつになってもすばらしい栄誉です 
卒業だけはご勘弁を(懇願〜) 
これからも進化する香川氏を 
ファンだけでなく皆様に評価していただきたいです〜
Posted by yow at 2010年11月11日 14:31
はじめましてyowさん
コメントありがとうございます。
卒業は冗談ですから〜。
香川さんは私も好きな俳優さんです。
性格俳優では対抗馬がちょっといないくらいの活躍ですね。
作品では「ゆれる」のような
弱い部分を持った役をやられた時の方が好みです。
また良かったらブログのぞいてください
Posted by at 2010年11月12日 20:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。