2011年09月28日

お一人様のラティガンは面白い

たまたま観たお芝居が面白くって、その作家にはまって次々に観てしまった。6年くらい前にそんな体験をしました。それがテレンス・ラティガンです。3作品を連続上演するラティガンまつりというのをやっていたのですが、最初の作品観た時は、期待もなく人気もなくイープラスで安いチケットを買ってみました。(イープラスってそういうのがあるんでチェックしてみてください)それが思いかけずあんまり面白いもんだから次々と3本と言う事になりました。その時からラティガンは忘れられない作家になったんです。そして今年、テアトル・エコーでラティガンの代表作演るっていうことになったので嬉しかったのなんのって。

「セパレートテーブルズ」
separate.jpg

1人用のテーブルという意味ですが、あるホテルを舞台に集うお一人様とお一人様の内面の交流を静かに描いた佳作です、これは面白いですよ。まだ観られます。9月24日(木)〜10月2日(月)恵比寿・エコー劇場 http://www.t-echo.co.jp/
このチラシのイラストは宮部みゆき作品や若竹七海作品の装幀などで有名な杉田比呂美さん。この方に10年以上前から一度お願いしたいと思ってたんですが、やっと念願が叶いました。すごくいい方で仕事もやりやすかったです。こういう未の人って頭の片隅のどこかにあって、お一人様とお一人様が出会うように、フッと合いそうな仕事にはまるんですよねぇ。杉田さん、ありがとうございました。
posted by gutter at 17:12| Comment(0) | 演劇
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。