2012年10月16日

事務所移転のお知らせです

事務所を引っ越します。こんどは自由が丘のはずれです。
恵比寿には13年もいたのでやっぱり寂しいですね。最初の事務所はボーリング場の坂を上がりきった所でした。そこの四階の窓からは、近くにある宝塚の宿舎の屋上が見え、晴れた日には何十枚もの乙女の布団が干され、パタパタされてました。たくさんの汗と涙が乾かされリセットする瞬間かも。スターになるのは一番水分出した人なのか、いっさい出さないカラカラな人なのか、そもそもスターさんはあそこにはいないのか。そっちは疎いので謎です。
ちっちゃな事務所でした。当時、フリーになったばっかりなんで用心してこぢんまり始めたんですが、こぢんまりすぎて1年だけで出ました。こぢんまりっていい言葉ですね、音がカワイイ。カワイイけどやはり狭かった。打ち合わせした時なんですが、相手が玄関横のトイレのドアの前になってしまい、「こんなに入口?」と言われました。そんな事をきっかけに、楽園ビルに移りました。楽しい園、この魅力的な言葉の由来は、前オーナーがかつて中華屋をやっていたからだそうですが、いい名前ですよね。ラクエンという響だけで期待が持てます。お中元の時の事です。そのころいた事務所のデザイナーのIが「楽園から届いた感じにしましょうよ」というのでパパイヤだのマンゴだのバナナだの送ったんですが無反応でした。世間はそれほどビル名に関心がないようです。「いちいち切らなきゃいけないから食べにくいよ〜」というご指摘もあり…。
今度はメイプル通りのメイプルハウスだけどメイプルにこだわらないようにしなくっちゃ。お仕事のご依頼はいつでも待っております。あと下の階のパン屋さんが美味しいのでパン屋さん目当てで遊びに来てください。
posted by gutter at 14:57| Comment(0) | 日記

2012年10月07日

大滝ひでじさんの耳たぶ

昔っからとっても好きな俳優さんでした。思いだすのは倉本作品。特に「前略おふくろ様」の桃井かおりさん(恐怖の海ちゃん)のお父さん役が強烈でした。酔っぱらってて怒ってて恐かったです。それ以来映画やドラマで発見するだけで嬉しくなりました。だいたいが曲がったことが大嫌いな役。相手を諭すように話す、あのかすれ声がたまらない。そしてなぜだか、ひでじだかしゅうじだかわからなくなる。なぜだろう。
大滝さんのもうひとつの顔は舞台俳優、劇団民藝の代表です。仲代さんが奈良岡さんと共演した、無名塾と民藝の合同公演『ドライビング・ミス・デイジー』に参加した時のこと。稽古場が民藝だったので、民藝になんどか出かけました。仲代さんと奈良岡さんの稽古を見るだけでも恐れ多いんですが、これは生ひでじぃに出会えるチャンスでもあります。もしかしたらと期待して、行くたびにキョロキョロしてましたが、残念ながら会うことはできませんでした。会えなかったんですが稽古場は興味深かったです。古い稽古場というのは稽古場自体の存在感が強いから、俳優の積もりに積もったエネルギーを宿しています。大滝さん、宇野重吉さん、奈良岡さんなど多くの民藝の俳優の何十年分の研鑽のエネルギーが放たれずそこにあるからでしょうか。不思議なもので、きれいな新しい稽古場では感じられない。気のせいかもしれませんが、こういう気のせいを大事にしたいです。
ドライビングの稽古も終わり、いよいよ本番がせまり劇場に入ってからの事です。一段落してホールをブラブラしていると、なんとなんと大滝さんがいらっしゃるではないか?「おぉ生ひでじぃだ」ドキドキです。聞けば最終稽古のゲネプロを観にきたらしい。緊張する、直視できない、チラ見。しかし、なんといっても憧れのひでじぃが目の前にいるのでまじまじ見たい。そんなこんなで柱の陰でにじにじしてると、なじみになった劇団員の女優さんが声をかけてきました。
「耳たぶさわってあげてください」
「えっ」
「耳たぶを、こう両手で持って下に引っ張ってあげてください。喜びますから」
「ええっ」
そんなことが大俳優にできるわけがない。ヤギじゃないんだから…。まごまごしていると、その人はひでじぃの背後にまわるやいなや両手で耳たぶをつまみ、優しく下へスイングさせます。すると、ひでじぃは目を閉じ恍惚の表情になって、ほんとに気持ちよさそう。「ホホホフォー」「ホホホフォー」驚いてジッと見てると、彼女が右手を離し手招きをしてるではないですか? いや〜無理無理。 え〜いや〜無理。絶対無理。
耳たぶにはさわれませんでしたが、この公演で縁が出来て、大滝さんの晩年の舞台作品を何本か観ることができました。やっぱりよかった。ほかにはいない、唯一無二の俳優さん。今度「前略おふくろ様」を見直してみようかな。
タグ:大滝秀治
posted by gutter at 15:06| Comment(0) | 日記

2012年07月25日

16年前のオリンピック

いよいよロンドンオリンピックが始まります。楽しみですねぇ。こどもの時からオリンピックがもう〜大好き。日の丸に心ときめきます。右ではないし、どちらかといえば反体制なんですけどね。いきなりものすごい事いいますが、何にも努力もしなかったし運動さっぱりだったけどオリンピック出たかったなぁ…何の競技でも。
前にも書きましたが、なんと、いとこがパラリンピックに出ます。楽しんできてください。
http://gutter-info.sblo.jp/article/46661593.html?1343982550
最近はあんまり出かけなくなりましたが、スポーツ観戦することが大好きなんです。サッカーとか野球とかメジャーなものから、相撲、ラグビー、テニス、陸上なんでも好き。アメフトだけは競技がいまひとつ理解してないのでごめんなさい。とにかくテレビで観るのも好きですが、生観戦も好き。これはお芝居を好きなのと共通することなのかもしれません。刹那の魅力ですね。その観戦の頂点がオリンピックです。
もう16年も前ですが、行きましたよ、アトランタ。ツアーで申し込むと、高くて見られる競技も一つ二つと少なく限られてるからつまらない。そのくせ余計なものとセットだったり。オリンピックとニューヨークとかね。オリンピック観た後ニューヨーク行っても落ち着かないっすよ。なにしろ朝から晩まで、オリンとピックにまみれたいんです。そこで大変でしたが飛行機と宿だけとって、主な観たいチケットはアメリカのダフ屋から買いました。高かった〜。でもツアーで行くよりはるかに安いんです。松中、井口なんかが出てた野球、前園、中田なんかのサッカーは現地で買うことにしました。何万人も入る球場の日本戦なんか誰も見ねぇと考えたからです。案の定それらは定価かそれ以下の1000円くらいで買えましたよ。なにせ16年前。まだ若くて体力もあったから、朝水泳、昼バスケ、夜野球みたいなはしごオリンピック。観るトライアスロンですわ。

オリンピック.jpg

こんな事がありました。行く前からテンション上がってて、ペンタックスの一眼カメラ買って持っていったんですが、なんと1日目の水泳会場で壊れてしまったんです。あまりのことに怒り心頭。ともかく国際電話でペンタックスのお客様相談室に電話しました。すると、の〜んびりした調子の女の子が出て「どうされました〜」ゆる〜く喋ってくるんで、カチンときてちょっとキツい口調で「オリンピックを見に今、アメリカのアトランタにいるんですが、この為に買ったカメラが壊れました」というと、あわててる様子。すぐえら〜い人が出てきました。まぁ文句は言うけどどうにもならないんだろうなと思ってたんですが、その人「申し訳ありません。とにかくせっかくの写真が撮れないのは大変なんでカメラをすぐ買ってください」と言うんです。「えっ」「同じカメラはありませんが、そこからまっすぐ行って…どこそこに…ペンタックスのカメラを扱っている店があるんですぐ買っていただけますか、どのカメラでもけっこうです。帰国されてからフィルム代金なども含めて弁償いたします」まるでアトランタにいるかのように道順まで説明してくれました。そのすばやい対応と即決にホレボレしてカメラが壊れた怒りはなくなって最後にはお礼を言ってました。いるとこにはいるものです。
あ〜恥ずかしい思い出もひとつ。女子バレー観た時の事です。会場でニッポンチャチャチャを思いっきりやりたかったんですが、会場に行くと日本人がいない。オリンピック出場が最後の最後に決まったんでツアーが間に合わなかったんです。パラパラと家族とダフ屋組がいるだけ。最初は静かに観てたんですが、そのうち試合が拮抗してきて羞恥が心がズドンと落ちたんです。ハンズで買ったでっかい日の丸振るわ、モトコ〜!って叫ぶわ、チャチャチャやるわ、一番前の方の高い席が空いてたんでしゃしゃりでて大応援しましたよ。そのかいあって勝ちました。大満足。恥ずかしかったのは帰ってから。その日、日本が勝ったのがその試合だけだったらしくNHKのニュースというニュース、オイラの顔が大映し。オイラの顔からニュースが始まったようです。トホホ 愉快で楽しいロンドンの皆様お気をつけあそばせ。
posted by gutter at 21:08| Comment(0) | 日記

2012年05月23日

金環日食の前日

梅が香り、蕗の薹が顔をのぞかせ、桜を見上げ、蕗が傘を広げ、ツツジが騒ぎはじめ、緑はグングン街中を覆いつくし、日陰はドクダミの天下になり、やがて紫陽花が雨を連れてやってくる。いまはジメジメ前の爽やかを肌で感じられる季節。ひたすら明るさを求め広げていくのが1年の前半。折り返しまで太陽がしっかり後押ししてくれる。
これが毎年の事。あたり前だった、移り変わりの大切さや不思議さを感じる気持ちは年々深くなる。イレギュラーがあると尚更だ。
173年ぶりの日食がそうだったんだが話はその前日、季節というより人の話。およそ15年ぶりくらいにバッタリ古い仲間に会った。20〜24の間は毎日のように会ってたヤツだけど、15年前一言交わしただけでその前もずいぶん会っていない。彼が役者やレポーターやりながら、師匠の飲み屋を手伝っているのは知っていた。24くらいから現在にいたるまでで2度目、日食なみだ。

上野の居酒屋「たる松」の2階の白木のカウンター。カウンターのUの字のカーブとカーブ、1メートルの至近距離。目の前の顔が気になり思考が止まる。頭の中の記憶のファインダーがズームを合わせる。3秒。
「あっ」思わずカウンター叩いちゃった。犯人見つけた刑事かオレは。
「おっ、おい!」「やっぱり」「これは何かね?」「上野よく来るの?」
「いや、何年かぶり」「そっちは」「オレはよく飲んでる」
「何かあるな」「どっちか死ぬんじゃない」「ほんで何年かしてから片方が知ってあとでビックリするんだよ あの時オレ偶然会ったんだよ」

「あいつどうした?」お互い連れがいたんで気づかいながら、昔の仲間の現在確認とくだらない思い出話でくすぐりあう。
すっかり忘れていたが参宮橋の飲み屋の話が面白かった。彼やモロ、下等なんかと飲んで、いざ会計となったら皆お金がない。貧乏だったこともあるし、誰か持ってるだろうとお互いが高〜くくってたこともある。さぁどうしよう、昔のことでクレジットカードなんて持ってないし銀行はとっくに閉まっている。免許証置いてって明日誰かが持ってこようか、なんて話にもなり酔いも醒めてくる。とにかくチャリ銭全て出して計算しようということになり、皆でポケットというポケット、鞄の底という底探して5円、1円まで出したら、なんとかなった。お店の人はイヤな顔したが、なんとかなった。なったが文字通り1文なしなんで家に帰れない。どうする?歩いて帰るかってションボリ話してトボトボ歩きだしたら、一緒に飲んでたYせさんが、じゃッと言って終電迫る駅に消えていくではないか。
アレッYせさん、電車賃持ってたの?って聞くと一言「えっ別じゃない」

次の日の朝、紙で出来た安っぽいメガネをかけて、太陽見てたらこみあげてきて思い出し笑いした。太陽は皆が集めた硬貨のように光ってた。
「別じゃない」のYせさんや皆を誘って彼のいるお店に飲みに行こう。
タグ:たる松
posted by gutter at 17:08| Comment(0) | 日記

2012年05月18日

ツィやらフェやらミクやら携帯やら

どうもつぶやきってヤツが苦手です。読むぶんには楽しいんですが、その場でフッとは言えない。その場で写真撮って何か言うのも苦手。まぁそこまでって思うのと文章がへたなんで持ち帰らないと書けない。持ち帰ったら持ち帰ったでテンションが下がり、まぁそこまでって思っちゃう。だから日記もすぐに書けない。すぐに書かない日記は人に見せるのに鮮度が落ちてしまうし、そもそも日記ではなくなってしまう。つぶやける人ウラヤマシイです。なのでツィッターはやってない。フェースブックは仕事的には活用した方がいいんだろうけどどうもモチベーションがあがらない。フェースブックは入っていてたまに見るんだが複雑でよくわからないのと、あの「あなたのお友達ではないですか」「お友達が待ってます」「お友達の申請…」がちょっと苦手。昔の人に思いかけず出会うというスゴく嬉しいこともあったんだけど、そんなに仲良くない人に自分の普段を逐一知らせなくっちゃいけないようで、なんだかノレない。たぶん食わず嫌いで、ちょっと勉強すれば面白いんだとは思います。そこいくとミクシィはそこそこやっています。日記はほとんど書かないけどMLB関係のコミュに入っていて、毎日のようにあ〜だこ〜だやりあってます。それは試合途中でも書き込んだりしてるんで、言ってみりゃつぶやいてるわけなんです。それが出来るならつぶやくOKじゃんって言われたらぐうの音も出ない。ぐうの音っていいですね。言い負かされてぐうって言ってる人になりたいですわ。
ミクシィ入ってちょっとイヤだったのはハンドルネーム。自分も最初はミクシィの人達と会う事なんて考えてないんで、おもしろ半分いやおもしろ全分で茶柱立男(チャバシラタテオ)って名でやってたんです。書き込んでいただいた人に「ご利益ありそ〜」なんて言われて調子こいてました。それが、それがですよ、どんどんミクシィの人達と仲良くなって一緒にスキーに行くことになったんです。それが赤っ恥の始まりでした。駅とか往来で「茶柱さんってこんな人だったんですねぇ」なんて大きな声で言うもんだから、「シィー、いやイチカワでいいですよ、イチカワにしてください、シィー」って周りを気にしながらエヘラエヘラしてました。そしてゲレンデでの事です。
みんなにイ・チ・カ・ワでって酸っぱくなるほど言ってたのに、ミクシィにどっぷり浸かった御仁が、ゲレンデはしっこからでっか〜い声で呼ぶんです「茶柱さ〜ん、こっちこっち〜!」「茶柱さ〜ん!」スノボのカップルは振り返る。リフトのカップルも覗き込む。またゲレンデの反響音がスゴいんだ。「茶柱さ〜ん!さ〜ん!さ〜ん!」「茶柱さ〜ん!」あ〜まだ呼んでる…その茶柱、倒しちゃってください。中学生以来顔が赤くなりましたわ。速攻名前も変えました。すべてのご利益は吹っ飛んだと思います。
chabashira.jpg

posted by gutter at 16:54| Comment(0) | 日記

2012年05月07日

似顔絵じゃない日暮さんの絵はビッグセンス

ビッグコミックの表紙を40年に渡って描かれていた日暮修一さんが先月亡くなられました。優しい笑顔が浮かび寂しいかぎりです。今は別の方が描かれていますが、どーも今ひとつピンとこない。ユーモアセンスが違うんですね。日暮さんとは5年くらい前に1度お仕事をしました。無名塾公演「ドン・キホーテ」の表紙。仲代さんを描いていただいたんです。その時の打ち合わせで、青山の自宅兼仕事場に何度かおじゃましました。オシャレです。玄関横のスポーツカー、部屋のインテリア、数々のJAZZCD。ご本人もすごくダンディ。センスの良さがあちらこちらに出てました。それとお芝居がすごくお好きな方。大阪、京都をまわって何本もお芝居を観る、はしご観劇の旅行なんかも行かれててビックリしました。自分がやってるテアトル・エコーもお好きで、よくご夫婦で観劇されてたようでした。片足がちょっと悪かったので、エコーなら席の融通がきくので連絡くださいと言ったんですが連絡はありませんでした。そういう事が嫌いだったのかな。そこもダンディですね。いつか熊倉さんを…とお願いしたら、ぜひ!と言っていただいてたのですが…かなわず…やりたかったです。
「ドン・キホーテ」はビックコミックほど頭が大きい極端なデフォルメをしないけど、ややコミカルに、少しデフォルメをしてくださいとお願いしました。いつもの3頭身を5頭身くらいのイメージです。こういうリアルなイラストの場合、先日のホブソンほどではないですが、出来上がりの近い状態や表情の写真を先に撮ります。それで撮影した後、写真を見ながらタイトル位置など打ち合わせして進めます。
描き上がった絵はB2サイズ、ストーリーが絵の中から訴えてくる素晴らしい出来です。

ドンキ2.jpg

リアルな似顔絵じゃない絵というのはその時の事です。「こんなのも描いてみたんだよ」と出してくれたのがコレ。

ドンキ1.jpg

風車を前にすくむドン・キホーテとサンチョ。唸りました。思わず、力作を前にして、これでポスター作りたいです。と言ってしまったほどです。そこにベン・シャーンにも通じる飛び抜けたセンスがありました。さっそく仲代さんにお見せしたらスゴく気に入ってもらい、これで何かやろうという話が持ち上がり、Tシャツを作ることになったんです。お芝居ものには珍しいセンスが良い誰もが普段も着たいTシャツ。お客さんはもちろん、スタッフやキャストにも大好評で、自分で何枚も買う人もいました。卓越した技術で描くビッグコミックの似顔絵と飛び抜けたセンスを持ち合わせた日暮さん、もっと一緒にお仕事したかったです。
posted by gutter at 19:38| Comment(0) | 日記

2012年04月13日

「ふきだす絵本」てんぱってきました。

普段はお芝居のポスターやパンフレットの仕事が多いんですが、お芝居そのものにも関わっているのがひとつあります。それが「夢知無恥ぷれぜんつ」。制作をやってます。やってるっていばるほどの事はしてないんですが、表の裏方全般です。チケットの事とか、お金の管理とか、宣伝とか。もちろんチラシなんかは自分でやります。イラストはいつもほししんいちさん(あの?じゃないですよ)。へっぽこなオヤジ描かせたら天下一品。最初ラフでオナラしてる女子高生が3人もいたんで2人に減らしましたよ。もぉオナラとか好きなんだから
…え〜そんなことではなく

今度のヤツがこれ
fukidasu2.jpg

「ふきだす絵本」…ん〜ふきださずにオナラだけだと「へりだす絵本」か「だす絵本」…オナラから離れます。最近本業の方も忙しくてなかなか稽古を見にいけてないんですが、小耳にはさんだところによると佳境です。なんたって来週19日から本番なんです。あ〜14.15.16.17.18…あと5日しかないよ〜キャスト、スタッフみなさん体調に気をつけて頑張ってください。オレも小道具やらなきゃなぁ。いつも小道具とか、美術のお手伝いもほんのちょこっとしております。
「ふきだす絵本」の中身なんですが、笑いの中に愛があります。大笑いしながら胸がつまります。プッとふきだしながら、近くにいる人の手をつかんでいる。そんなお芝居です。笑いながら愛を感じる人になれるチャンスです。初日とか金曜日はお席に相当余裕があります。荷物があっても大丈夫。あと、そんじょそこらの小劇場ではお目にかかれない美人揃いの夢知無恥女性陣。ビックリしますよ、オナラでちゃうかも…。え〜かぶりつきで観たい人は平日がオススメです。一番前でオナラはなしね。土日も今なら席があります。ぜひ! 
19日19時、20日19時、21日14時・19時、22日13時・17時
恵比寿・エコー劇場 ご予約は090-8054-6849(10:00〜18:00)
posted by gutter at 22:18| Comment(0) | 日記

2012年02月16日

淡島さんが拾ったバレーボール

淡島千景さんがあちらへ行かれました。ちょっと前ですが、仲代さんの役者生活60周年の企画をやるのに、仲代さんが出演した昔の映画の写真をとことん探していました。その中の共演者との写真に「ちょっとこれ誰?」って思わず手をとめて周りに声かけちゃうくらいのバツがグングンの美女の写真を見つけました。それが淡島千景さんです。ハンパない美女光線放ってました。宝塚の大スターで、扇千景さんも淡路恵子さんも彼女のファンだったために字をいただいたそうです。凄いですね、さらに手塚治虫も大ファンで、リボンの騎士のサファイアは彼女がモデルだそうです。どこかけれん味と品のある女優でした。最近の作品だと「大停電の夜に」の過去のある奥さん役、「春との旅」のお姉ちゃん役もよかったなぁ。
でも、今回淡島さんについて書きたかったのは女優の話ではありません。ずっと前に波瀾万丈系の番組で知った、彼女が個人で持っていた社会人バレーボールチームのことです。個人でですよ。
遡ること48年前の1964年、今上映中の「三丁目の夕日 64」でもとりあげている東京オリンピックが、この年開催され日本中が湧きに湧きました。中でも回転レシーブで有名な東洋の魔女、女子バレーボールチームは激闘の末金メダルを勝ち取り、日本中が湧いた頂点にいました。
当時、淡島さんは新聞社の依頼でバレーボールチームの観戦記を書いてたそうです。それが金メダルとっちゃって、それはもう大喜び。うれしいもんだから祝賀会で、つい選手達に家に遊びにいらっしゃいと声をかけちゃったそうです。選手は選手で大スターにそんな事言われたもんだから、大喜びして大挙しておしかけちゃった。そして、そのままなんでだか何人かが合宿することになったそうです。
昔のスターは違いますね。バレーを離れてみると、選手たちはバレーばっかりしてたんでどこにも行ったことがない。バレー漬けで遊びを知らなかったんで色んな事経験したくなったんでしょう。そこで大きなポケットをお持ちの淡島さんが色々連れてったり、京都見物させたりしたそうです。しかしおかしなもので、遊んでいるとまた、バレーの虫というヤツがむくむく出て来ちゃう。今度は国体に出たことがないので出たいと言い出す。みんな若い頃からナショナルチームに入ってるんで国体なんか出たことがなかったんでしょうね。ワガママといえばワガママ。でも淡島さんにとっちゃあそんなワガママ屁でもない。じゃあ出てみようという事になった。国体に出るにはチームをつくらなくちゃ出られないんで、淡島さん個人がオーナー、マネージャーで「富士クラブ」というチームを作っちゃった。すごいもんです、昔のスター。ポケットの大きさが違いますよ。国体って県の代表なんだから東京のチームで予選からやったんでしょうかねぇ。ちょっとそこんとこ忘れましたが、もともとメンバー全員東洋の魔女、少し遊んでブランクあったって世界の金メダルなんで国体なんてお茶のこサラサラ。あれよあれよと勝ち進み優勝しちゃった。国体優勝チームのオーナーが個人なんて、なんてカッコいい事。自分のチームが優勝するって楽しかっただろうなぁ。
淡島さんに合掌、いやトス!

タグ:淡島千景
posted by gutter at 20:48| Comment(0) | 日記

2012年02月14日

今頃やっとなんですが…

テレビとかダラダラ見聞きしていると、CMとか番組のどーでもいいとこなんかで、突然以前どこかで聞いた曲が流れてきて「あ〜なんだったっけ、なんだったっけ」と、、ここまできている状態になる事がママあります。ここまできているって、ほんとにあとちょっとで思い出しそうなのかな? そのヒネリだす時、脳はどうなってるんでしょうか、気になります。先日もそのなんだっけ〜になりました。ヒネリだす過程で「なんか映画だったぞ」っていうのがあって、しばらくして思いだしました。
「BABEL」に使われた坂本龍一さんの曲でした。

https://www.youtube.com/watch?v=DHUMsNRvEIs

「BABEL」は菊地凛子さんので話題になりましたが、いい映画です。ワタシはどちらかというと日本人以外の部分が印象に残っています。 ゲオで50円なんかで借りられたりするから、ここんとこ見境無く映画を観るようになりましたが、シーンが頭の中に住み留まる映画って少ないですね。年々少なくなりますが「BABEL」はまだ住んでいます。巧妙に編み込まれた時間軸の中を、負の連鎖が重く進んでいく辛い話。いい映画です。
曲の方は95年に発表された「Smoochy」というアルバムに入っている「Bibo no Aozora」でした。「美貌の青空」っていうタイトルがステキですね。詞もいい。アイドルばっかりやってるイメージの売野雅勇さんの作。みてろ〜みたいな感じですか、センスがいいです。今回使われたのは歌なしの「/04」に収録されたトリオバージョン。その名の通り12年も前の2004年のアルバム。このチェロが凄いです。アナログじゃないみたいです。

04.jpg

95年に発表された曲が、2004年にトリオになって、それを気に入った人が2007年に映画に使い、2012年にやっと見つける。今頃ですか?って言われてますね。
さっそくアマゾンで「/04」買いました。Rain、Merry Christmas Mr. Lawrence、Riot in Lagos、Asienceなど聞きやすい名曲ぞろいです。でもやっぱり「Bibo no Aozora」今日のような美貌も形無しの曇天によく合います。
posted by gutter at 18:16| Comment(0) | 日記

2012年02月09日

「このへんでドロンします」

ニュースでdrone(無人偵察機)という言葉を見た時、ドロンしますがすぐ浮かびました。英語でも無人。日本語でも消えちゃう事。言葉は不思議です。雄バチやハチの飛ぶ音もdroneだそうです。ハチの飛ぶ羽音はドロンドロンとは聞こえないなぁ。やっぱりハチはブンブン。さて「このへんでドロンします」、これは7年くらい前に企画出版した本のタイトルです。

doron.jpg

内容は「このへんでドロンします」に代表されるユル〜い死語フレーズをバカバカしくまとめたもの。死語ってのがイヤなので、へっぽこフレーズとしました。へっぽこフレーズをイラストと解説文で紹介するくだらなくって空いた時間にすぐ読めちゃう本です。

P010-011.jpg      P030-031.jpg

イラストはバカドリルなど脱力くだらな系の王様タナカカツキさんにお願いしました。
ラフな線がいいですね。 タナカカツキさんはいまもその道で大活躍です。(最新作のサ道とはサウナ道のこと)
047-2.jpg sado_.jpg
へっぽこフレーズとは、「俺、ひょっとしておじゃま虫?」「おまえの母ちゃんデベソ!」「美容室でパーマあててきちゃった」「だってもあさってもない」「さよ、おなら」「ウチのワイフの手料理、どうです」「あの娘にほの字だろ」「俺、ひょっとしておじゃま虫?」「おととい来やがれ」「あっ社会の窓があいてる〜」
などなど…いまの30代後半〜50代前半にはこたえられない懐かしいユルいフレーズのことです。いまの20代はなんのことやらだし、60才以上は日常会話なんで面白さがわからないでしょう。「シミーズ」「えもんかけ」「バンド」「帳面」などのへっぽこ単語も載ってます。
こういうゆる〜い言葉ってまだまだどんどん使うべきですね。例えば電車の中でうっかり居眠りしちゃったおじさんの、チャックがうっかり全開だった時、近くに女子中学生が群れてでもしたら大変です。「しんじられな〜い」「キモ〜イ」といった罵声が容赦なくオジサンの薄くなでつけた頭に降りかかっちゃうことでしょう。電車内が変態、痴漢出現で大パニックです。
こんな時誰かが「社会の窓があいてますよ」と軽く一言かけてあげれば、中学生のカワイイ「クスクス」ですんじゃいます。「社会の窓」なら誰でも躊躇なく声に出せるでしょう。おじさんもうっかりミスで済み、そのテレ笑いで逆に電車内の緊張がほぐれ明るくなります。なるかもしれません。…たぶん…おそらく。
ミスといえば、この本が出版された時、ラジオの声がかかって「吉田照美のやる気マンマン」の新刊本紹介のコーナーに出た時のこと。ここでうっかりというか大ミスをしたんです。自分の出演時間になって吉田さんと小俣さんのいるスタジオに入った時、調子にのって「おじゃま虫しま〜す」といって入ってしまいました。あっちゃ〜。スタジオが−5°下がりました。ああいう情報もののラジオって秒刻みなんで台本にない事やるとダメなんです。毎日本紹介してるから今日の本を細かく読んでる暇なんかない。それから20分…長かったなぁ。
いま改めて読み返すと、やはり愉快で愛すべきへっぽこフレーズの数々ですが、へっぽことして笑える言葉だったのが、ただ懐かしいだけの言葉に変わっているものが多くありました。実際にへっぽこフレーズを使ってた時代が遠い過去になってしまったせいでしょう。自分たちの世代が、下から笑われる、ネタにされるフレーズを持っているのかな?へっぽこフレーズが豊富だった世代がうらやましくもあります。
タグ:ドロン
posted by gutter at 19:57| Comment(0) | 日記

2012年01月09日

デザイナーになる前にした仕事 その2

昨日見た友人の日記に「365歩のマーチ」のインド版の話がのっていました。それはそれで面白かったんですが、「365歩のマーチ」という言葉を見たとたん、頭のどこかに隠れていた遠い昔の記憶が、急にワンツー、ワンツ−と蘇ってきたんです。
大学を卒業してすぐの22か3の頃。その当時は登録制のタタキの仕事をしてました。タタキとは大道具のバイトの事で、舞台や展示場、テレビなんかに必要な人工としてその都度駆り出されるんです。今考えると酷い話なんですが、能力関係なく呼ばれるので、素人のオレが間違って、出来る人として現場に呼ばれ、なにも出来ずにご迷惑かけることもしばしばでした。

少し肌寒い…秋だったかな、その日も間違ってこれ以上ない大舞台に呼ばれました。現場は芝の郵便貯金ホール、水前寺清子さんの初リサイタルです。20年近くの歌手生活でなぜか初めてリサイタル。楽屋と舞台裏方には朝から緊張感漂ってました。演歌歌手として一番人気があった時、紅白ならトリでしょう。大スターです。オレはというと上手の袖の雪ふらしの綱元係とドライアイスの筒先担当を言われ、やった事もないのでドギマギしてました。その時、水前寺さんにも水前寺さんの歌にも全く興味がなく、ないというより演歌は嫌いだったので与えられた仕事を無事こなす事だけを考えて準備していました。
夕方の開場の時間になって、ザワザワと観客が入ってきました。緞帳の中からでも熱気が伝わってきます。舞台上もあわただしくなってきて、舞台監督さんたちが右往左往してます。オレはやる事がわからないので袖の片隅でジッとしてると、平台で作られた着替え用のスペースから水前寺さんがタキシードで現れました。
「アタシがこんな格好っておかしいよね、ハハハッ」
「い、いえ」
「はじめてだよ〜こんなの〜いつも着物だけだもん」
と言いながら通りすぎていく水前寺さんは楽しそうです。
そうこうするうちに2ベル1ベルが鳴り終わり、開演時間になりました。
緞帳前で司会が始まります。司会はあの名調子の玉置宏さん。
最初の曲はもちろん「365歩のマーチ」演奏はダン池田とニューブリード。
悪魔の遠吠えのような、ドスの効いたものすごい声が聞こえてきます。
「ヂーダー」「ヂーダー」なんだ?「ヂーダー」って
あっチーターか、だ、だ、誰が、この低い声は男?女? 
こっそり袖から客席のぞくとビッシリ埋まったご年配の女性軍。
その1500人あまりがいまかいまかとチーターを呼んでいます。
地底に引きずり込むような「ヂーダー」 ブルブルッと震えがきました。
ダン池田のタクトが小さくカウントをはじめました。
ワンツー、ワンツー、ワンツー、ワンツー、ワンツー、ワンツー、「ヂーダー」ワンツー、ワンツー、ワンツー、ワンツー、ワンツー、ワンツー、「ヂーダー」緞帳はまだ上がりません。
チーター本人はスタッフと談笑して余裕な感じ。ワンツー、ワンツー、ワンツー、ワンツー、ワンツー、ワンツー、「ヂーダー」ワンツー、ワンツー、ワンツー、ワンツー、ワンツー、ワンツー、「ヂーダー」まだ、まだなの、こんなに長いワンツーでいいのか…まだまだ、まだまだ、ワンツー、ワンツー、ひっぱってひっぱってひっぱって、やっと緞帳が上がると同時に
プア〜パパパパパ、プア〜パパパパパ、とこれでもかとトランペット、パパパパパパパパパパパパ、パパパパッパパ〜ン
舞台階段奥にスポット!タキシードのチーターがセンターからマイク片手に颯爽と登場です!
会場全体を1500ものハートをそのコブシの中に掴んでいます
「幸せは〜歩いてこない〜」
地響きのような歓声と拍手、しょっぱなからフィナーレ、トランス状態
プア〜パパパパパで背筋に火花が走りました。
やられました。演歌なめてました。「365歩のマーチ」バカにできませんよ。
興奮状態で雪を降らしまくっていたら、舞台監督に
「バカ野郎!ティンパニーの上に雪が乗っちゃって音でねえよ」
とド叱られました。 が楽しかったです。
「幸せは〜歩いてこない〜だ〜から歩いていくんだね〜」
こんな単純な歌詞でも感動させられるのはチーターだけかもね
タグ:水前寺清子
posted by gutter at 00:41| Comment(0) | 日記

2012年01月06日

ムーンライダーズで暮れて、柏原くんで明けました

あけましておめでとうございます。今年の年賀状はこんな感じです。

nenga.jpg

将棋がわかんない人にはチンプンカンプンですが…んっチンプンカンプンっていいですね。普通に会話で使いたいです。「何言ってるんだかチンプンカンプンだよっ」「あ〜ネットってチンプンカンプンだっ」とかね。脱線しました。…んっ脱線もこれまたいいですね。「ゴメ〜ン脱線しちゃった」なんてね。
こんな事繰り返してると訳わかんなくなるんで、将棋の話。飛車が相手陣地に入ると龍王になり強くなります。その前に歩。まぁ龍年なんで、大きな壁に果敢に挑むみたいな感じでぇ〜っと、ご理解ください。ふ〜説明しなけりゃよかった。ふ〜はかかってないですから…あ〜終わらない。
去年の暮れは、35年続いた「ムーンライダーズ」の無期限で活動休止という寂しい お知らせがあり、中野サンプラザのラストコンサートに行ってまいりました。強者揃いのファンが多い中ワタシは新参者ですが、それでも「ムーンライダーズ」のコンサートに行き始めて15年は経ちます。20周年も30周年も行ったのになぁ、35周年は袖をベチョベチョに濡らす覚悟だったんですが、涙も感傷もない淡々とした、いつもと変わらないLIVEでした。それがかえって近い未来の新たな出会いを予感させて少し安心しました。40周年、きっとあるでしょう。最後に色んな歌詞の羅列がステージ上のスクリーンの中を流れるんですが、その中で一番印象に残った一言。「翻す旗をもっているか」どの曲なのかまだわかってませんが、自分は旗をもっているんでしょうか。

ムーンライダーズ最初のアルバム「火の玉ボーイ」鈴木慶一になってますが、ここから始まりました。火の玉ボーイとは細野さんのことです。
moon.jpg

そんでもって正月の2日と3日、見ましたか?東洋の強さ。ふふん。在学中はは陸上部なんてまったく知らなかったのに、いまじゃ大OB面。オーブィーとしては嬉しい限りですが、なんだか強すぎちゃってつまんなかったですね。あっ石が飛んできた。
え〜大学の駅伝は大きなのが3つあります。出雲、全日本、箱根です。3つの一番の違いは走行距離。乱暴に言うと出雲は1人5キロ、全日本は1人10キロ、そして箱根は1人20キロ。なんで距離の違う3つを制覇するのは並大抵の事ではありません。東洋は、去年はじめてスピードレースの出雲を制して三冠が見えました。この時チームの中で1人不甲斐ない成績で、優勝インタビューの中うなだれていたのが柏原くん。続く全日本は、個人の持ちタイムが一番いい駒沢が制しました。東洋はと言うと、出雲で力が出せなかった柏原が猛追するも33秒差で涙。去年の早稲田には200キロ走って21秒差で涙。この2つの試合の僅差負け涙が今回の爆発的な強さを生み出したんですね。来年は柏原がいないから山で僅差にしてあげて、最終10区で5秒差でスルッと勝ちかなぁ。あっと大きいの飛んで来た。
posted by gutter at 20:08| Comment(2) | 日記

2011年11月09日

NYからハートを届けるいとこ

母方の叔父さんから親バカ通信なるメールが届きました。ニューヨークに行ってデザイナーをやってる長女の近況リポートです。もう10年くらい前だったか、文化女子を卒業して代官山でデザイナーのアシスタントをしていた時に何度か会いました。彼女はスゴくちっちゃい、そしてビンボー。ちっちゃいとビンボーは結びつかないようですが、そうでもないんです。20歳過ぎてたけど電車に子ども料金で乗ってました。ちっちゃいがビンボーを助けてたんです。一見、のん気で明るく見えますがタフでした。ひと月どのくらいでやってるの?と聞くと7くらいでと答える。7、ただの7?1人暮らしで? テレビやラジカセなんかも持ってない。そのちっちゃい体に貯えられたパワーは半端じゃなかったです。絶壁を楽しんでました。少しでも足しになるかと事務所で関わっていたお芝居(紀伊國屋劇場)のお手伝いを頼んだ事もありました。「消えもの」といって舞台上で役者さんが食べる海苔巻きを買ってから劇場に来るのも彼女の担当でした。「消えもの」覚えているかなぁ。それからしばらくして渡米。一度帰ってきた時、渋谷であったりしたけど、ホントにニューヨークは別世界。でも時間と生活、変化と成長は同じように世界中で進みます。
叔父さんからのメールは、親バカ通信というだけあって嬉しい内容でした。彼女がニューヨークで作ったジュエリーを日本で売っているというんです。United Arrowsにも置いてあるようです。でっかくなりました。さっそく青山のお店に見に行ってみました。こちとらあまりの普段着なので店に入ると浮いています。店員さんがさりげなく近くに。つかずはなれずついてきます。
オイ用心してるのか?「え〜ジュエリーが見たいんだけど…」 「プレゼントですか〜」とたん、やわらかい笑顔に。「これがオススメです?」ハートがいっぱい付いたジュエリーをすすめられる。
オッこれかな? つい親バカがうつって聞いてみた。
「これは売れてますか〜」「売れてますよ〜」しげしげ見てるので、脈ありととられ、置いてない商品を見せるためカタログを持ってくる。「作っているのは日本人なんですけどね」カタログの端に彼女の名前が見えた。間違いない。これか、こんなの作ってたんだ。「在庫はこれだけなんですか〜」「ほかにはないんですか」 「人気があって入荷するとすぐ売れちゃうんです」
「人気あるんですね〜そうですか〜」なんだかヤリトリがバカらしく思えて、下向いて笑ってしまった。
「どうしたんですか」店員さんが不思議がってる。
「すみません」「ハイ?」「すみません、いとこなんです。作品見に来ました」「携帯で写真撮っていいですか」「そういう事なら」すこし笑ってた。

11-9-1.jpg

「ホント人気あるんですよ」 「だましたみたいですみませんでした」
店を出るとお腹がすいていた。たった10年なのに彼女が海苔巻き買ってきてた頃が何十年も昔に思えてきた。

posted by gutter at 19:46| Comment(0) | 日記

2011年10月21日

和田誠さんの垂らしたロープ

この間、和田誠展を見に行ってきました。たいがいの人は「あぁ線画の似顔絵描く人ね」くらいか、芸能通は「平野レミさんの旦那さんだよね〜」くらいにしか思ってないでしょうが、大変な大変な才人です。そしてこんなにモノの特徴を掴むのがうまい人は後にも先にも和田誠さんだけでしょう。
最初に和田誠さんを知ったのは子どもの頃、親が妹に買ってきた「ケンはへっちゃら」という絵本でした。
wadakoten.jpg     ken.jpg     
まず、へっちゃらという言葉にやられちゃいました。子どもの時って言葉にやられちゃうんですよね。オナラとかって言葉聞いちゃうとはしゃいじゃうのとちょっと似てるかも。似てないか…。それと主人公ケンのポケットから色んなモノが出てくるのが面白かった。次にどどどっぷりはまったのが「お楽しみはこれからだ」。
ボロボロです。読み倒しました。
11-12-1.jpg
これは当時「キネマ旬報」で連載していたんです。映画の名セリフシーンを1ページずつイラスト解説していまして自分が映画を観る時のバイブルでした。情報もなくDVDのない時代だったんで「お楽しみはこれからだ」に登場する映画がいつか観たい映画で憧れでした。高校1年の時です。本に何度も登場するビリーワイルダーの作品をどうしても観たくって、東京に行ったほどです。文芸座のオールナイトを観て帰ってきました。
その後東京で大学生活するようになり、おじさんに勧められた本がこれ
「倫敦巴里」
rondonpari.jpg
空前絶後、ものすごい本です。これ以上の本に出会った事がない。普通の本の20倍くらい内容が詰まってる。説明しても足りないからぜひ買ってほしい!オレももう何冊か欲しい。と思ったらヤフオクでけっこうなお値段。でも買ってほしい、絶対損しないです。映画や小説好きにはぜひ。で、どんな本かというと一口で言うと贋作集。贋作なんですが贋作具合がスゴい。たとえば誰もが知ってる「兎と亀」のお話。これを世界の映画監督が映画を撮ったらどうなるのか?ジョン・フォード、市川崑、ヒッチコック、黒澤明、ベルイマン、山田洋次などなど、いかにもその監督が撮りそうな感じで脚本が書かれてる。イラストじゃないじゃない!そう和田さんの贋作はイラストだけじゃないんです。そして極めつけが川端康成の「雪国」。
yukiguni.jpg
まずオリジナルとして川端さんの似顔絵の下に、雪国の有名な冒頭が書かれています。そして贋作。いろんな作家の似顔絵が描いてある。そこまでは普通です。和田さんのスゴいのはその何十人もの作家の文体、あるいは言いそうな文体で雪国を書いている事です。野坂昭如、植草甚一、淀川長治、永六輔、大藪春彦、五木寛之、井上ひさし、横溝正史、司馬遼太郎、村上龍、谷川俊太郎、などなど…
つかこうへい         井上ひさし
tukashin.jpg     inoue.jpg
五木寛之           横溝正史
ituki.jpg     yokomizo.jpg
ほかにもビートルズのメンバーを色んな画家、ゴッホやシャガールやルソーのタッチで描いてあったり、007を色んな四コマ漫画家のタッチで描いてあったりと、お腹がパンパンになる1冊です。誰も敵わないですね。
デザイナーの仕事をするようになって1度だけお仕事頼んだ事があるんですが、和田誠さんってデザインも自分でやらないとダメなんです。そうすると自分の仕事が無くなっちゃうんであきらめました。

個展の話に戻りますが、個展の中に演劇のポスターがあったんです。そしてその横に版下が展示してありました。創作過程がわかるようになってるんでしょう。デジタルの時代になり版下というモノが無くなってもう15年は経ちます。懐かしいなぁとシミジミ見てたら、なんと、これからのお芝居じゃありませんか〜。まだ版下なんだ。と感激しましたよ。
takuboku.jpg
こまつ座のデザインとシスカンパニーのデザインが一緒でいいのかな?とチラっと思いましたが和田さんのデザインはそういう枠を超越しちゃったとこにいるんでしょうねぇ。
会場を出たところで和田さんとすれ違いました。もう70も半ば過ぎてるんでしょうが、とってもとっても元気そうでした。思えば子どもの頃から、和田誠さんがはるか上から垂らすロープにしがみついて少しずつ登ってきたような気がしています。そのロープにつかまってさえすれば、面白いモノに当たり、好きなモノが見つかりました。恐れ多いのですが、同じ職種で、同じ演劇の土俵にもいるので、和田さんの目にとまるようなデザインを心がけたいです。
タグ:和田誠
posted by gutter at 17:31| Comment(0) | 日記

2011年10月18日

ダイドとサンチャと三茶と大道芸

秋の三茶といえば、なんでしょう? すぐ答えが出て来た人はかなりの三茶通。そう大道芸ですね。三茶の商店街が一堂に会して行う唯一の大イベントです。10月15日(土)、16日(日)は三茶で大道芸がありました。土曜日の朝は凄い雨風で心配しましたが、なんとか持ち直して、日曜には真夏のような陽気。行いがよかった人がいますね、きっと。大道芸はなんといっても天気が命、良かったです。

sanchade2011.jpg

このお祭りには10年以上毎年参加させていただいてます。チラシ、ポスター、フラッグにパンフレット、街中を自分の作ったモノが埋め尽くすのは嬉しいもんです。昔ですが、ちょっと失敗したのを自分だけ気づいた時は、全部剥がしたいくらいでした。まぁそれはずうっと向こうに置いておいて、やはり10年間の積み重ねがうまくいってるんでしょう。毎年すごい盛り上がり、いまや日本を代表する大道芸イベントになりました。お気に入りの芸人を観るには開始時間前に会場に行かないと観られないほどです。
ちょっと気になるのは、すっかりおなじみになったキャラクター。ピエロっぽいのがダイドで怪獣っぽいのがサンチャです。サンチャとダイドってそのまんまなんで、忘れようにも忘れないはずなんですが、いまいち浸透してないような気がちょいとしてます。
ダイド          サンチャ
2010_daido_1.jpg    2010_sancha.jpg
ちゃんとおなじみさんになってますか〜 これからもよろしくお願いしま〜す
イラストはイギリス人のジョン・シェリーさん。日本をこよなく愛し、日本に長く住んでいらっしゃいましたが、今は故郷のイギリスに戻られて絵本なんかで大活躍です。なのでイラストデータはネットで送ってもらっているんです。年々メールの日本語文章がちょこっとずつ面白くなってきてますが、データのやりとりのはなんの問題もないです。これってすごいですよね。
posted by gutter at 13:37| Comment(0) | 日記

2011年07月10日

水を渡るS君

土曜日、朝早くだというのに携帯電話がなった。
寝ぼけ眼でチラっと覗いたら母親だった。留守電も入ってる。
「ん〜もうちょい」またグズグズ眠りについた
暑いけど、眠い時は眠いのだ。


ちょっと年下のいとこのS君は、生まれた時から足が不自由だった。出産時の不具合によるマヒらしい。今の病院ならなんてことないのだとか。体や病気の運命は時代も大きく左右する。それでも彼はいつも笑顔だった。

S君の家は近所だった事もありよく遊びに行った。S君の家の隣はお寺で、夏祭りには「火渡り」という変わった祭があった。「火渡り」とは、まだ熱さの残る炭が撒かれたむしろの上を裸足で走るのだ。これに挑戦するため、毎年兄貴やほかのいとこ達とドキドキしながら出かけた。この度胸だめしで無病息災を願う。土間の入口には、水の入ったバケツが置かれ、決死の覚悟で走ってきた後すかさず足を投げ込んだ。実際は大した事はないのだが、足の裏が焼けたような気がしてこのバケツにつけると落ち着いた。オレらはきゃあきゃあいいながら度胸だめしを楽しんでいたが、彼の姿はなかった。子どもだった事もあるが、S君の歩く事の苦労をよくわかっていなかった。

S君は結局うまく歩けるようにはならなくて、小学校も車椅子で通った。彼の望みはみんなと同じように普通の学校に行く事だった。その強い意志を受けて、地元の小学校は、はじめての車椅子の生徒を受け入れた。スロープが入口についたが、エレベーターがなかったため、教室を上下階に移動する時は同級生がかわりばんこに彼を背負った。
それから何年かして、S君は親の反対を押し切って関西の大学で一人暮らしをはじめ、またまた親の反対を押し切ってそのまま遠い地で就職した。親に心配される事がずっと嫌だったのだ。彼とは10年くらい前に一緒にご飯を食べたきり会っていなかったが、その後親からはちょくちょくS君情報が入ってきていた。親というものはどうして親戚の誰がどうしたこうしたという話をしたがるのか。まぁそのおかげで、彼が数年前に本社勤務になって東京に来てることがわかり、年賀状のやりとりが始まった。
決まり文句の「今年こそ会いたいですね」をお約束で交わしていた。

しかし、いいかげん「今年こそ〜」もないだろうと去年の暮れに一念発起し、S君まじえて「東京いとこ会」をやることを計画した。したはいいんだが連絡ができない。住所はわかるけど電話番号がわからないのだ。それで田舎にいるS君の親に電話すると「最近ヨットばっかりやっててねぇ なんだかわからんけど先月までオランダ行っとっただよ」と言われる。なんでヨットの…電話切った後、ハタと思った。
ヨットでオランダっておかしくない?パソコンで打ってみる。
S君 ヨット 出た。 パラリンピック日本代表 えっ 
S君まじえて「東京いとこ会」が「S君囲んで東京いとこ会」になった。久しぶりに会ったS君はやっぱり笑顔だった。みんなからは、いつからやってただのルールがどうのだのなんちゃらかんちゃら質問攻め。そして彼からは日本チームはまだロンドンパラリンピックの出場が決まってない事。枠に入るにはランキングが上の2カ国には勝たねばならず、それもラストチャンスしかない事を聞いた。競技人口の少なさから、事業も仕分けされちゃってて予算もかなり厳しいらしい。彼の口調からは8割くらい無理な感じだった。


ようやく母の留守電を聞く。「S君、パラリンピック決まったって。以上」
親子間の留守電で以上って…
まぁそんな事はともかく、よく考えもしないでS君に電話した。
寝ていた ものすごく…スマン「もしかして外国? ごめんねオメデトウ!」
それだけ言って、あわてて切ってネットで調べると7月8日までがラストチャンスと言ってた国際大会だった。決めたばかりだったのだ。スマン。

オレが何年も惰眠をし、ボンヤリしている間に、彼は水の上をスイスイ渡っていた。
posted by gutter at 01:51| Comment(0) | 日記

2011年07月08日

東京のようかん

虎屋ではありません。洋館です。古きステキな洋館です。大正〜昭和初期の財閥は、絶大な財力を持ち、東京のあちこちに洋館を建てて優雅な暮らしをしていました。家族5人に使用人150人といった夢のような世界です。貧富の差というのは時に悪ととらえがちですが、文化はこうしたセンス良き大金持ちによって育てられてきたとも言えます。その洋館のいくつかがまだ残っていて、見学したり、場所によってはロケ撮影などで借りる事ができます。春先、チェーホフの撮影を洋館で行いたいと考えていくつか回ってきました。
○前田侯爵邸(1929年築) 井の頭線「駒場東大前駅」から徒歩10分くらい。
前田1.jpg  前田2.jpg
加賀百万石のお殿様のお屋敷です。明治〜昭和ものの大作ドラマには必ずと言ってもいいほどよく登場する見覚えのある迫力ある玄関です。現在は目黒区が管理していて開館中は誰でも無料で見学できます。内部のデザインは剛のイメージです。暖炉以外に家具がないこともあり容赦ない天井の高さと部屋の広さに圧倒されます。ここのいいのは午前午後の2つの区分しか貸し出しがないこと。午前なら、建物まるまる午前中貸し切りです。しかも安い。ただ建物が休みの火曜日しか貸し出していないので競争率高いです。今回聞いた時は空いてたのですが、カメラマンと一緒にロケハンして戻ってきたら埋まってしまいました。仮抑えできないしキャンセル不可なので空いてたら借りちゃうくらいの覚悟が必要ですね。
○島津公爵邸(1915年築) JR「五反田駅」から徒歩10分くらい。
島津1.jpg  島津3.jpg
日本の西洋建築の礎、ジョサイア・コンドルの作品。ちなみに公爵と侯爵では公爵の方が位は上です。そんな講釈は置いといて、ここはなんと、清泉女子大の中にあります。しかも公爵邸内部を現在も教室として使っています。なんて贅沢な生徒たちなんでしょうか?見学するには事前申込みが必要です。ロケハンに行った時、担当の方に洋館萌えな生徒が来たりしませんか?と不真面目な質問をしたところ、中にはいるかもとの事でした。逆にここまでスゴイのに、洋館にまったく興味がなかったら寂しいですね。ここはなんといっても外観が素晴らしいですね。外国にしか見えない。内部は階段なんかは前田邸に比べると優しい雰囲気です。島津家の紋をあしらった、丸に十字のステンドグラスなんかが入口にあったりしてステキです。難点は、実際に使っている建物なので撮影する場所かなり限られるのと、大学の忙しい時も使えません。タイミングとイメージがぴったりの時はぜひ使いたい洋館です。
○古河邸(1917年築) JR「駒込駅」から徒歩12分くらい。
古河1.jpg
ここもジョサイア・コンドル作品。重厚な黒い石の壁が独特です。ここは申し込みすれば比較的簡単に見学できますが、見学中の撮影は禁止です。見学者は自らの記憶にとどめるのみ。だから借りて撮影する場合だけ内部の画像が見られます。そして、ここが今回の撮影場所。なのに貴重な内部を使わずに外壁をちょこっと使っただけでした。すみません、なにげなくしたかったので申し訳ないです。ロシアな雰囲気になったかな。ここは仮抑えができるし撮影にもとても協力的です。撮影しませんでしたが内部は和洋折衷のちょっと変わったアレンジもあり魅力的です。そういうのも日本の洋館の魅力のひとつですね。内部はいつか再チャレンジしてみたいです。
そのほかの洋館はというと、大河でまた一躍有名になった岩崎邸は現在撮影不可。赤坂プリンスホテル旧館は赤プリがなくなったのでこれまた今は撮影不可。そのほか色々聞いたんですが条件に合うものがなかなかありませんでした。
なら、横浜に洋館いっぱいあるじゃないの?って言われそうですが、横浜の山手の洋館の内部の撮影はかなりきびしいです。傘とかストロボがつかえない、つまり電気が使えない、家具が動かせない、スリッパはかなきゃいけない…etc
横1.jpg  横3.jpg
写真のようによさそうなとこもあったんですが残念です。
posted by gutter at 20:44| Comment(0) | 日記

2011年03月31日

3月 その2

14日
「炎の人」に実家の愛知の母親を呼んでいたので、断りの電話をする。
「ケセラセラで行こうよ」 ずっこけた。人は一面だけではない。
11.12.13日は都内の主な劇場が中止になった。その後同じ池袋でも、野田さんは劇場を開け、仲代さんは閉じた。それぞれの考えがあるのでどちらも正解であるだろう。文化、芸術、娯楽が悪と言う風潮にはなってほしくない。それが一番恐い。ただ演劇の灯を消したくないと野田さんや三谷さんはおっしゃっていたが、舞台を天災でやめることと灯が消えることと一緒だとは思えない。仲代さんの演劇の灯は燃え続けている。
野田さんの今度の芝居は2月に観てたのだが、ピンとこなかった。先日、大きくものを創りたいとおっしゃっているので、テーマも大きいのだろうが自分には伝わってこなかった。こんな大震災が起きた後に観た人はどう感じたのだろうか?わかりやすいまとまった芝居ばっかりの今、全部は理解できないけど、ぶちのめされるような舞台が観たい。 最終的には面白いか面白くないかだけしかない。
19日
加藤健一事務所の稽古場での撮影。
「滝沢家の内乱」滝沢家とは滝沢馬琴の家のこと。馬琴と息子の嫁の二人芝居。余震はあったが計画停電もなく撮影は無事終了。
21日
春分の日。催眠術の日(321)。そして誕生日。そんなことより
9日ぶりに救出されたおばあさんとお孫さんのニュース。よかったよかった。
24日
この日は三宿のスタジオで撮影。計画停電もなかった。スタッフと話すのはやはり地震のこと。自粛のこと。被災した方々のことを考えるとぜいたくも言えないが、広告、イベントなどが軒並み中止になり業界的には誰もが不安な毎日。あるお仕事を一生懸命やるしかない。能力的なこともあるが…。
31日
ユニセフの小さな図書館に本を送る
http://www.unicef.or.jp/kinkyu/japan/2011_0327.htm
プレゼンなどで集めた事務所にある絵本や児童書、家にあった絵本を持ち寄った。少しでも役立てることが見つかってうれしい。

100_4947.JPG    100_4948.JPG

今回のとんでもない大災害。100年に一度と言っているけど、ひょっとしたら日本が出来てから最大かもしれない。そしてまだ終わっていない。これから先も不安だらけだ。
ただ東北のこどもたちは、思いやりのある良い子に育っていくことだろう。それだけは間違いない。
posted by gutter at 18:34| Comment(0) | 日記

3月 その1

9日
前進座創立80周年記念パーティー に出かけた。
1000人近い人でごったがえしている会場で三津五郎さんを見かける。八十助さん時代、保険会社の80周年の新聞広告に出ていただいたことを思いだした。
九州の演劇観賞会の方がいらしたのでご挨拶。やはり11日の無名塾公演「炎の人」の初日にもいらっしゃるようだ。
10日
加藤健一事務所の次の作品をやることになり、衣裳合わせに東京衣裳へ。衣裳屋さんや小道具屋さんに行くのはなんだか楽しい。俳優さんと一緒に、いろんなお芝居の衣裳が詰まった段ボールの間をぬけると畳二枚くらいしかないスペースに出た。その小さな部屋で着物の衣裳合わせなのだが、入ると真っ黄色の「炎の人」のチラシが目に飛び込んできた。衣裳さんのお顔に見覚えがある。そうだ、能登でお会いした衣裳さんだ。
「いまゲネやってますよ」「明日初日行きますか」
衣裳合わせの合間に、控えめにちょこちょこ話す。
思いがけなかったので嬉しかった。
11日
いつもよりいい格好をして出勤。公演は7時。ご飯食べてダラダラしてたら、グラグラっと来た。地震だ。ストーブを消し、ドアを開けて、だるまさんがころんだ状態で待つ。「けっこう大きいな」と感じたのだが、まだ余裕ぶっこいてた。とたん、グゥオラーと凄い揺れ。猿のシンバルのおもちゃが棚から落ちて騒ぎだす。バタバタと本が落ちる。あわててスリッパのまま明治通りに飛び出した。近所のビルから何百人もの人が出て来た。余震はしばらく続いた。はじめて体験した大きな揺れだった。
それでもまだ気持ちはのんびりしていた。事務所にはテレビがないし、大惨事だとは想像できていなかった。駅まで行ったが電車は動きそうもない。
どうする初日。確率は低いが、劇場が大丈夫ならお客さんが10人でも演るかもしれない。いたる所に電話するが携帯はおろか固定もつながらない。個人のブログやHPにも出ていない。そうこうするうちに5時を過ぎた。演るのか中止か。
恵比寿〜池袋サンシャイン劇場まで10キロくらい。明治通り1本だ。歩くか。途中でバスに乗れるか、また電車が動きだすかもしれない。マラソン選手なら30分で走れる距離。なんてことない…なんてことあった。運動不足もあり2時間半かかった。2幕からでもと考えて歩いていたのだが、劇場へつくとエスカレーターも止まっていて120パー中止の雰囲気。暗い…。一応挨拶だけと思って4Fの劇場へ。
「あれっどうしたんですか? 中止ですよ」みんなの顔は落ち着いている。騒動の波が引いておさまっている感じだ。松崎さんがお茶を出してくれた。一気に飲んで、堅苦しい上着を脱いで座ったら落ち着いた。
やはり中止だったか…。津波が凄いんですよ、進藤さんがテレビを見ながら教えてくれる。携帯のワンセグではよくわからなかったが半端じゃない。
一息ついてからまわりの様子を伺うと、役者さん達はどうやって帰るか、何台かの車に誰が乗れるのか算段をしてる最中。やさしい中山さんが、僕いいですよとか言ってて、誰が書いたのかホワイトボードの○○車の名前の一番上にオレの名前が…あっちゃー。すかさず
「帰ります」といって劇場を出た。「明日やるかどうかは五分五分です」と言いながら本郷さんが出口まで送ってくれた。KY…これこそKYだったなと帰り道反省。行きは急いでいたので疲れたが帰りはそんなでもなかった。道々お茶を配っている人、トイレを貸している店があった。往復したバカモノはオレだけだろうが、みんな自分の足で帰宅した。江戸時代は普通だったんだろうか。渋谷まで来ると電車が動いていた。
13日
五分五分…11日の夜の時点ではそんな感じだった。
大地震に大津波、そして原発で0になり、仲代さんが全公演中止を決めた。決断の早さ、潔さに驚いた。78歳、そのうちまた演ればいい はない年齢だ。舞台の出来も素晴らしかっただけに残念だが、一番演りたかったのは仲代さんなのだ。
posted by gutter at 16:07| Comment(2) | 日記

2011年02月04日

父のフクワ〜ウチ

 すっきりと晴れた朝。真冬の暖かい日は空気が澄んでいて、いつもより鳥の声が大きく感じる。ヒヨドリとシジュウカラがひときわ騒がしいのだが、あいつらが何かよこせと五月蝿くなると春が近い。春になれば食べ物も増えるので静かになるんだが、それはそれで寂しい。今は鳥が人に近いところで騒ぐ季節なのだ。
 駅までひたすらサッサカ歩いていると、道に白くて丸いものがパラパラと落ちているのが見えてきた。見渡すとあちこちにパラパラしている。そうか、節分の豆だ。通り沿いの家の窓から次々に投げられた豆。「オニハ〜ソト」子ども達の高い声とお父さんの大きな声。「オニハ〜ソト」今度は老夫婦の落ち着いた声。昨夜の家々の嬌声が目に浮かび愉しくなった。鳥たちはその豆はもう俺たちのものだ、早く行けと上からまた騒いでいる。

 父は節分を率先してやる人だったが「鬼は外」が嫌いだった。鬼を忌み嫌い、追いやることがしたくないというのだ。だから家の節分は、外には豆を撒かず家の中への「福は内」だけだった。昼間、幼稚園や小学校でさんざん鬼をやっつけてきたので納得はできないが、父には兄も私も妹も絶対服従でそれに習え。しょうがなく小さな声で「フクワ〜ウチ」。見えない強敵に弱点である豆をぶつけられず、釈然としなかった。ガラガラっと窓を開け、あらん限りの大声で「オニハ〜ソト」をやりたくてうずうずする。どちらかといえば、いやどちらか迷わず節分には「鬼は外」で鬼をやっつけることが楽しみなので、大きな声がでるはずもない。父親の大きなフクワ〜ウチと弱々しい小さなフクワ〜ウチ、それが我が家の節分だった。

 暮れのある夜のことだった。裏口で何か物音がするので私が出ると、見知らぬ小さなおじさんがニコニコしながら立っていた。ピンポンしてくれればいいのにと思いながら、名前を聞いて母に告げると、一瞬顔を曇らせて父につないだ。「誰?」母に聞くと、父親の幼なじみらしい。父は外でおじさんとしばらく話をしたあと、筆で書かれた紙を持って戻ってきた。父はなんとなくばつが悪そうだったが、その紙を見て
「あいつ小学校しか行ってないのに、宜敷くなんて漢字で書いてるよ」と笑いながら母に言った。母は紙も見ずに「知らないですよ」の一言。私が知ってるのはその一度きりだが、何度か来てたのかもしれない。たぶん無心なのだろうが父は嫌そうではなかった。

 亡くなって、もう十数年経つというのに、毎年二月三日が来ると、父の「フクワ〜ウチ」の大声を思い出す。人を嫌わず、福をひたすら呼び込もうとしていた父の事がやっと少しわかってきた。
タグ:節分
posted by gutter at 13:25| Comment(0) | 日記