2019年06月21日

ホンモノの偽物 ぺてん師『タルチュフ』お目見えです。

無名塾公演『タルチュフ 』のチラシ・ポスターが刷りあがりました。
チラシ
65308366_2416122301778357_5889169541782568960_n.jpg
作業の始まりは3月中旬。仲代さん一人をタルチュフの扮装で撮影というのは決まっていたので、撮影ラフを最初に作りました。作るにあたり、まず過去の作品や衣裳にどんなのがあったのかを調べます。Tartuffe→画像 と検索するといっぱい出てくるので勉強します。フランスの名俳優ルイ・ジューヴェなんかも何枚か出てくるので彼のお芝居での代表作なのかも。それらの作品の衣裳なんかを参考にしつつ、アイデアは同じものにならないように注意します。
3月下旬に仲代さんにラフ提案しました。こだわったのはカツラと小道具です。カツラは中世フランス風のカツラ、お蝶夫人のような巻き毛のカツラがいいと思いラフに盛り込みました。このフランスで流行ったカツラ文化ですが、ルイ13世が自分の若ハゲを隠すためにはじめたとか、ルイ14世がチビを隠すためにカツラとハイヒールをつけて流行らせた とも言われています。興味深いですね。まぁモリエール自身もカツラですし…。それから鼻メガネと十字架。メガネは18世紀にならないとツルありが出てこないのでのっけるだけのモノを衣裳さんのツテでお借りして、十字架は知り合いの家具屋さんに作ってもらいました。
それから衣裳合わせを2回やって微調整して、4月下旬に撮影。とても面白がって楽しんでやっていただきました。
「役者70年近くやってるけどこんなポスターはじめてだよ」と仲代さん。オン年86歳、今年87歳。弾けてらっしゃいます。なんとかなって良かったです。
ポスターの色校正
IMG_3501.JPG
撮影は、本当に良い時はモニターで確認しなくても目で見た感じでわかります。今回も選ぶのに迷ってしまうほど良いカットが何枚もありました。それでチラシとポスター、それに宣材用も分けることになりました。無名塾では、はじめてです。
同時にタイトル作りも進めてます。手書きでラフを描いてから詰めていきます。悩む時は5個も6個も作ってウヨウヨクヨクヨしますが、タルチュフは最初の鉛筆の時点ですんなりハマりました。良かったです。
logo2.jpg
キャッチコピーや要素を入れ込んで印刷に入稿。色校と印刷はインクが違うし刷り方も違うので印刷に立ち会って確認します。ここで大切なのは色校正にこだわり過ぎないこと。色校正と全く同じには刷れないし、色校正より良く刷れる場合もあるのでその場の出来で判断します。。今回はポスターの刷り立ち会ってから、チラシの刷りも見ました。
IMG_3522.JPG IMG_3525.JPG
IMG_3523.JPG IMG_3530.JPG
反省点としては、チラシの方を明るく刷ったはずなのに思ったよりドライダウンして(乾いた時に色が沈んでしまうこと)濃くなってしまったこと。濃いバックは難しいです。でもなかなか良いものになりました。
キャッチコピーの「ホンモノの偽物」のホンモノとは仲代さんの事ともとれます。仲代さんはどんな偽物(ぺてん師)になるんでしょうか?気になった方はぜひ!
posted by gutter at 18:17| Comment(0) | 演劇

2019年06月15日

なぜディン・ニンと呼ばないのでしょうか?

いま卓球はジャパンオープンで盛り上がってますが、ミマパンチとチョレイが一回戦で負けてしまったのでもり下がってるかな…そんなことではなく、大きな声で言いたいのは名前の呼び方のことです。卓球で世界ランキング1位といえば中国の丁寧選手です。ですが、彼女のユニフォームの背中にはDing Ningと書かれています。普通に読んでディン・ニンですよね。なぜ日本ではテイネイと呼び、ディン・ニンと呼ばないのでしょうか?
水泳自由形で有名な孫楊は日本ではソンヨウと呼ばれますが、正しくはスンヤン。Sun Yangと書くので微妙な違いですけどこれも中国読みでいいんじゃないでしょうか。フィギュアスケートの閻涵は、エンカンエンカンとNHKアナウンサーに言われてましたが、英語読みではHan Yan、ハンヤンです。羽生選手ら選手の間では、ハンヤンと呼ばれていて違和感ありました。どういう基準なんでしょうか。また韓国水泳選手の朴 泰桓はパク・テファン。韓国選手は韓国音で呼ばれています。
この問題は調べてみると国家間の取り決めであることがわかりました。1972年の日中国交正常化の時、角栄さんの例のアレですが、周恩来さんとの取り決めで、互いに読む人の国の読み方にすることで合意したそうです。こんな半世紀前の取り決めはもうやめて、丁寧さんは、ディンニンにするべきですよね。漢字表記もいらないかも。
韓国はというと、1984年に国家間の取り決めで、お互いに現地読みすることで合意して、そこから変えたようです。そういえば金大中さんのことを昔は「キンダイチュウ」と読んでいましたが急に「キム・テジュン」になって、なんでかな?と思ってましたが、そういう事だったんですね。
中国選手の中で日本でも現地読みの選手がいます。ボーヤンジンです。彼も最初は漢字で金博洋と書くことからキンハクヨウでした。なぜボーヤンジンになったんでしょうか。これはどうも世界的にボーヤンジンで有名になってしまっているからのようです。おかしいですね。みんなボーヤンジンでいいでしょう。オリンピックもありますし、すべてを現地読みに変えてほしいです。丁寧さんもテイネイなんて呼ばれたくないんじゃないでしょうか。
posted by gutter at 15:28| Comment(0) | 日記

2019年06月12日

ねぇぬぐのぬがないの

ずっと忘れていて、頭の奥の納戸の中にあったものが、ふと出てくることがあります。どこから出てくるんでしょうか?不思議です。出てきたのは大学生の頃のお芝居の稽古の風景。芝居の稽古って、台本を使った稽古の前に身体を動かす基礎訓練と発声練習をします。劇団によっては、その身体訓練のことを「シンクン」と言ったり肉体訓練を「ニクレン」と言ったりしてました。今もそんな風に呼ぶんでしょうか?
そして身体訓練のあとは発声練習。ア エ イ ウ エ オ ア オ って言う複式呼吸やら早口言葉やらします。納戸からごそごそ出てきたのは其奴です。早口言葉は一人ずつ順繰りに思い付いた早口言葉を言い、みんなで反復練習してました。少しでも滑舌がよくなるようにとのことでしょうが、今も滑舌が悪いので、、オレには若い頃の練習は役に立たなかったような気がします。出てきたのはこんなのです。

おあやや ははおやに おあやまりなさい

これ正しい日本語ですかね?母親になんて言わないし、おあやまりなさいなんて言う人、生まれてこのかた聞いたことないです。そもそも、おしんの時代じゃないんだから「おあや」がおかしい。八百屋が付いたりした長いバージョンもありました。割とオーソドックスな早口言葉なんですが、口を開ければ良いってもんじゃないですよね。まぁこれのおかげで、日本中のあやさんが、あちこちの劇団員から謝れ謝れと言われていたことになります…かね。 他には

ねぇぬぐのぬがないの みんなぬぐのになによ

これは男子に人気がありました。一緒に稽古している女子意識しながら大声で叫ぶと変な開放感ありましたわ。あとは

みなみのうみ むねのおもい なみのまにまに 
めにみみにむねに みなみのおんなまのおんな

美しいですね。情景が浮かびます。秀作。アカパジャマとかアオマキガミなんかはつまらない。

あと、

ひきにくいくぎ ぬきにくいくぎ ひきぬきにくいくぎぬき

なんてのもありました。簡単にいうと全部ダメじゃんな釘抜き作業ですわ

しかしなんで急に出てきたんだろう。滑舌が酷くなったからやれってことかな。

お芝居の仕事はなにかしらあって、今のものはカレンダーの下にチラシを貼っています。
IMG_3507.JPG
posted by gutter at 15:52| Comment(0) | 演劇

2019年05月02日

ドン クサイ プー

知り合いのとんち好きが「レイワレモンノレ〜」ってFBで言ってて笑いました。いよいよ令和です。
小学校の時「ひろのみや様がトイレに行ったら、天皇陛下が入ってました。なんて言ったでしょう?」なんて下らないクイズ流行ったなぁって突然思いだしました。
答えはもちろん「そろそろコウタイシテンカ」
新陛下の誕生日の2月23日が妹の誕生日で、小さい頃からそのうち誕生日が休みになるね と言ってたのがいよいよ本当になります。不思議な感じ。皇太子様は、ずっと皇太子様だったので、まだこちらも慣れませんが無理せずやってほしいです。
しかし昭和が遠くなりました。昭和の人間としては、平成人でも新しい感じがしてたのに、令和世代にどうしたらいいの?って感じです。昔『昭和へっぽこフレーズ大全 このへんでドロンします』というバカバカしい死語やフレーズを集めた本を企画しましたが、思えば昭和は愛すべきバカバカしいフレーズがいっぱいありました。
doron.jpg
「メートルあがっちゃってバタンキューだったよ」なんてお父さんのぼやきを街角で聞いてみたい気もしますが、令和に変わってしまうと、古すぎちゃってバカバカしさを味わう鮮度はもうないですね。また、昭和の言葉の流行って年代関係なく生まれていた感じがしますが、平成の言葉の流行は「チョベリバ」はじめ若者言葉の印象です。おやじは「チョベリバ」って言わないからなぁ。昭和のへっぽこなフレーズ残ってほしいですね。
ところで、昭和、平成、令和と三時代通して笑えるフレーズってあるんでしょうか?あってほしいです。まぁどの時代の子どもでも、おならと○んこに凄い反応するのでそこは大丈夫かも。ドリルもあるし…。
そこでまたまた昭和の小学校のオナラのお話。
オナラって我慢しててもつい出ちゃいます。教室でプ〜ンと臭った時に必ずやるのが、誰が屁をこいたのかを見つける犯人探し。クラスのお調子もんのリーダーがニオイの近くにいた人間を集合させると、自分から順番に指差していきます。「 へ は へ も と か ら さ わ ぎ だ す 」つまり す に当たった人がオナラの犯人と決定です。それで納得するのも変ですが指差しのゲームが面白いからバカ笑いして終わりです。ある時、リーダーが集める人数間違えて、さ わ ぎ だ す の す で自分に戻ってきちゃいました。すると「お前かぁ〜犯人はぁ〜」「くせ〜くせ〜」の猛攻撃。あわてたリーダー、あろうことか「だめだよ、ドン クサイ プーがあるよ」と卑怯な付け足しの一手。はぁドンクサイプー? とっても卑怯なんですが、フレーズが面白かったのでみんななんとなく納得しちゃって、三人先が犯人になりました。それからオナラの犯人探しは「 へ は へ も と か ら さ わ ぎ だ す ドン クサイ プー」なんだかなぁ。まぁ令和の小学生はやらんでしょう。
posted by gutter at 11:48| Comment(0) | 日記

2019年04月02日

レンジーといえばRWC

子どもの頃はラグビーかラクビーかわかんなくなってましたが、今は大丈夫です、お仕事してますから。ちなみにラクビーはお腹に良い薬です、お間違えなく。さて、RWCことラグビーワールドカップです。あんまり盛り上がってないんですが、個人的には少しずつきてます。
なんといってもマスコットがいい。ほとんど知られてませんがカワイイです。誰が作ったのかも全くわかりませんがオリンピックなんかより断然いい。なんですかオリンピックのマスコット、カワイクない。そもそもオリンピックロゴの市松柄にマスコットを合わせるのが失敗。ロゴはいいのに…。こういうのって根掘り葉掘りして広げるより、センスの良い専門家に任せた方がうまくいきます。われわれの仕事でも代理店とかスポンサーとかユーザーの意見とか沢山の意見が入れば入るほど、案はダメになっていく傾向があります。その典型的な例ですね。それこそ小学生達にラグビーとオリンピックとどっちのマスコットがいいと思う?って聞いてみたいですわ。

このマスコットはレンジーといいます。言うまでもなく連獅子から。白い方が親のレン、赤い方がジー。まんまってのもいいですね。ピンバッチコレクターとしても早速手に入れて付けました。勢い余ってTシャツまで。レンとジーがグイグイしてます。カワイイですね。

IMG_3195.JPG IMG_3203.JPG
z-I001_111-1.jpg

仕事の方はと言うと、ラグビーメーカーのスズキスポーツさんのカタログをやりました。凄いのは、このスズキスポーツさんは、ラグビーボールで有名なギルバートの日本発売元。一般の方にはわからないんですがギルバートは100パーセントといっても良いくらいのラグビーボールのシェア率。もちろんワールドカップもギルバート。それと今回のボールがまた凄いんです。シリウスという名の新しい星型の大小の突起が表面に付いていて、触るととても持ちやすく手にフィットします。ハンドリングラグビーに最適です。ワクワクしますね。
IMG_3204-2.jpg

観に行きたかったんですが、チケットが売り切れてしまい、ワールドカップいけませんが、ピンバッジやTシャツでほんの少しだけテレビ観戦します。決勝トーナメント行ってほしいなぁ。
タグ:レンジー
posted by gutter at 18:20| Comment(0) | 日記

2019年01月31日

きしめんと鰹節

実家のあるのは愛知県の蒲郡市。高校は名古屋まで通っていました。通学に2時間かかるんで朝は6時22分の電車に乗ります。次が6時57分なのでこれをのがすと遅刻。でも1本しかないと案外遅刻しないもんです。遅刻するのは大概学校のそばに住んでるヤツです。逆に早めに学校に行きたい時は大変です。なんたって6時22分の前が5時9分の始発しかありません。東京から来る大垣行きです。車内はすっかり旅行気分の貧乏大学生や行商のおばあさんなんかと一緒で、洗面台が多めについてます。刈谷までは就寝扱いなのか消灯モードで、刈谷を過ぎると「ピンポンパンポ〜ンみなさまおはようございます〜」とアナウンスが入り明るくなります。大学生になってからお金がない時はよくこれで実家に帰りました。
帰りは帰りで、ちょっと遅くなるとお腹がすいてしまい、名古屋駅ホームの端にある立ち食いのきしめんをよく食べました。熱々のつゆにもちっとした麺、そこにドサッと鰹節。美味しかったなぁ、やっぱりきしめんには鰹節です。

ほんで今の自由が丘の話です。自由が丘はオススメなお蕎麦屋さんがありません。昔ながらのか高いのかどっちかです。普通に良いのがない。それでもきしめんを食べたくなった時は、駅近の高めなお蕎麦屋さんに入ります。ここのきしめんは美味しいです。先日、田ごときしめんというのを注文した時のこと。この田ごとには色んな具が入ってて美味しいんですが、鰹節がのってないんです。いつもそこが不満だったので、料金は少し上がってもいいので鰹節をいただけないかと頼んでみました。しばらくして店員さんが困った顔してテーブルの横にそそそっと近寄り「…すみません…なんだか単品扱いになるみたいで…すみません…頼みませんよね…なしでいいですか?」
「えっいくらになるんですか?」
「…単品扱いで…250円です…じゃそのままで」
あまりの値段にびっくりこきましたが、こうなりゃ意地です。
「いいです。お願いします。」
「えっ250円ですが……わかりました」
きしめんに続いて単品扱いの鰹節が来ました、藍染付の上品な小皿にのってます。削ったのじゃなくあきらかに袋詰めのやつです。しかも多い。のぞんだ味にはなりましたが、ただでさえ高いきしめんがべらぼうになりました。まったく融通って言う言葉を知らんのかなぁ。
posted by gutter at 23:12| Comment(0) | 日記

2019年01月30日

シアターガイド惜別

昨年の10月末の事、演劇雑誌シアターガイドを発行している会社、モーニングデスクが倒れてしまいました。月刊誌のシアターガイドは演劇という文化を支える、なくてはならない存在。月ごとに小劇場から海外情報までまんべんなく、大小や規模に偏らず、分け隔てなく演劇情報が載っている雑誌はほかにないからです。いわば唯一無二の雑誌。演劇ライターのほぼすべてがシアターガイドに在籍していたか執筆しているし、ほとんどの劇団がシアターガイドの取材を受けていました。はたしてこれからどうなるのでしょうか?単独の劇団のネット情報だけあればいいのでしょうか?純粋な演劇ファンが減ってしまわないか心配です。
IMG_3005.jpg

このモーニングデスクという会社に20代後半に3年在籍していました。当時は外苑前の狭い2DK。入った時とてももう一つ机が入るように見えなかったので、「誰か辞められるんですか?」と社長に聞いたんですが、だれも辞めないよ との答え。
で、出社の日。社長の机が無くなっていて、社長は本棚の棚を一段空けて机がわりにしていてました。本棚に椅子がぴったりくっついて変な感じ。棚と棚の間に顔をつっこんで、まあまあ出来るよと。ある時は「お前たち、仕事ばっかりやってないで映画も観なきゃ」と言い出し、月に映画1本代として1500円支給すると宣言、社長自ら平日ヒマな時に映画観に行ってました。社員旅行で北海道に行ったことも…いまでは信じられないのんびりしたいい時代。その頃は半分くらいが演劇の仕事。そのうちほとんどが演劇の仕事になり、シアターガイド発行。
演劇の雑誌を出すのが社長の夢でした。最初は本屋に置けず、自転車で劇場まわり。そこから少しずつ本屋に出すようになり、演劇と沿って歩くようになりました。
自分がやめてからもなんだかんだでお芝居の仕事はずっとしていたので、お手伝いを少ししたり広告を入稿したり。恵比寿では近所だったので交流はありました。
モーニングデスクにいた時に社長から言われた言葉で、いまだに覚えていることがあります。その当時は演劇以外の仕事も多く、ラグビーのカタログをやっていた時のことです。胸にロゴマークがあるジャージが並んでいるページだったんですが、一個だけ逆版で印刷してしまったんです。色校正でも気づかず大失敗でした。
「失敗した後も、相手と良い関係が続いていけるかどうかが大切なんだ」
そのラグビーの仕事は30年が過ぎ、モーニングが無くなるまでずっと続いていて、今度自分が引き継いでやることになりました。良い関係が続けられるように頑張らねば。
043A0103.JPG
posted by gutter at 19:44| Comment(0) | 日記

2019年01月25日

とっくに明けました。MAC入りました。

もう2月になろうかっていう時期ですが、みなさま今年もよろしくお願いいたします。今年の年賀状はこんな感じでした。事務所のSの作です。
2019-1.jpg
イノシシって害獣のイメージが強く、神出鬼没で、暴走しまくって落ち着きがなくて嫌。で、Sにイノシシ画を頼む時に
「猛進とか猪突とかしない、ゆるゆるのんびりダ〜ラダラしたイノシシでお願い!」
って言ったらこんなのになりました。ダラダラしすぎですが、のんびりいきます。それにしてもイノシシ年っていっても、もう印象薄いですね。干支のイノシシを意識するのって七草かゆくらいまでかも。
Sはデザイナー兼イラストレーター。自分でイラストブログもやっています。
https://kasamarunote.wordpress.com
絵本に挑戦したりもしてます
44789024_2050350725022185_4484975596908052480_n.jpg
彼女の興味の中心は食べもの。とにかく仕事中でもなんでも時間の空いたときは、百発百中誰かの食べ物ブログ見てあす。そのくらい食べ物探究心がスゴイので、イラストも食関係が多いです。
nub20181130.jpg IMG_4146-2.jpg
IMG_4155.jpg IMG_4172.jpg
たまにこんなのも描きます。食い〜んじゃなくクイーン。
fredy-2.jpg
おれもよく登場します。
ネットショッピングでキャスケットを購入した時のことです。試着したら大きくて合わず返却した話がちゃっかり書かれてちゃってました。油断も隙もありません。

「おれ、頭が大きいからLサイズだと思って買ったんだけど、すごく大きくてさ〜、かぶったら左右が垂れるような感じになっちゃって…」と社長が言うので、「七福神(大黒天)みたいな感じですか?」と聞くと、そのような感じだったそうです。想像すると可笑しくて吹き出してしまいました。 ってな感じにです。油断禁物ですわ。まぁ面白いからいいですが…
nub201712211.jpg

また。最近はこんな記事も
ついに事務所に新しいマックが導入されました。社長のデスクに古いマックと新しいマックが並んでいるので、ひと昔前のハイパークリエイターみたいになっています。「新しいマックはどうですか?」と聞くと、「うん、こっち(古いマック)で作業しながらこっち(新しいマック)でメールの確認ができるから便利だよ」と…先行きが不安です。
nub20191011-2.jpg
それから1ヶ月近く経つので少しずつ新しいのでやってます。

それからマック導入初日のことで一言。まず電源をどこで入れたらいいのかわかんなくて知り合いのマック使いに電話しちゃいました。電源…ウラですよ ウ ラ 写真でいうと下のアップルマークがある銀色の帯の左の方のウラ。手探りで押すわけなんです。ど〜かと思うわ。デザインってそういう事じゃないですわ。ユニバーサルからかけ離れてる。あんまり怒ってるとまた描かれそうなのでほどほどに。
IMG_2984.JPG
まあそんなわけで今まで開けなかったデータも新しいMACのおかげで開けるようになりました。
新しいお仕事、Sのイラストの仕事も待ってます。
posted by gutter at 17:42| Comment(0) | 日記

2018年10月31日

100円はどこでもらうの?

IMG_2691.JPG
ちょっと前の話です。6月にやった公演の打ち上げで、新品の百円紙幣が入った大入袋をいただきました。だいたいは硬貨が入っているのでビックリしました。実は10年以上前に1度もらった事があって今回二回目なんです。もしかしたら、もしかしたらですが静かなブームなのかも。こういう気遣いはとっても嬉しいです。
100円といえば、100円硬貨もなんとなく集めています。
IMG_2681.jpg  IMG_2682.jpg
IMG_2680.jpg  IMG_2684.jpg
IMG_2686.jpg  IMG_2685.jpg
IMG_2683.JPG
なんとなくと言ったのは、買い物なんかで普通にもらったものだからです。つまり流通してて…手にした時に入れたものです。アレッ?これ違うなって感じで。以前は注意してるとけっこうあったんです。東京オリンピック、札幌オリンピック、万博、沖縄海洋博、稲の100円玉に鳳凰の100円玉。(鳳凰は年配の方にもらいました。)それから、関空開港の500円硬貨もおつりでもらいました。なんとなく普通にもらうと嬉しいですね。
陛下が代わられるのとオリンピックがあるので来年再来年は記念硬貨が作られることでしょうね。できれば大事にとっておくばかりじゃなく、少しはお金として使ってほしいなぁ。オレは勇気がないけど…。
posted by gutter at 22:13| Comment(0) | 日記

2018年10月19日

チラシ?フライヤー?…それとも…

お芝居のチラシって最近はフライヤーと呼ばれることが多くなりましたが、このフライヤーって言葉がな〜んか好きになれん。な〜んかこそばゆい。そもそもフライヤーって揚げ物作るやつじゃないの?いいフライヤーですねって…串カツ田中か! フライヤーより断然チラシですね。 チ ラ シ !
それとお芝居のチラシデザインをする時のスタッフ名の宣伝美術。これもな〜んか固くて好きじゃない。…なにかいい呼び名はないもんかな〜。
で、今の演劇界!大きく出ましたが、自分の関わってるお芝居が、チラシと呼ばれているのか、はたまたフライヤーなのか豆調査しました。調査の方法は老舗劇団にはちょっと弱点なんですがパソコンのリアルタイム、つまりツイートですね。現時点でお芝居をやってるのかどうかが影響しますが、
とりあえず今日10月19日。事務所でデザインした仕事で調査してみることに…。
終わって数日の加藤健一事務所の『OUT OF ORDER』とシーエイティプロデュースの『スケリグ』それぞれにフライヤー、チラシとつけてリアルタイム(ツィート)で検索したところ。

『OUT OF ORDER』フライヤー0、『OUT OF ORDER』チラシ2
『スケリグ』フライヤー49〜、『スケリグ』チラシ1 

『OUT OF ORDER』は公演が終わってしまってたという不利な条件ではありますが、やはりチラシ派。良かった。やはり芝居はチラシです。加藤健一事務所でフライヤーって検索されてたらジェネレーションギャップの渦の中に吸い込まれてました。演劇通で知られる中井美穂さんも「めくるめく演劇チラシの世界」というのを最近スマホでやってるようですし…古くからの同士はみ〜んなチラシですね。ホッ。

かたや『スケリグ』は主役がジャニーズの方ですし観客層がグ〜ンと若いということもあり圧倒的にフライヤー
でした。スケ…リグですよ。スケネグでもスケスケネグでもなく ス ケ リ グ です。ついでに、あくまでついでにですが…なんとなくスケべ根性でもなんともなく、スケネグって画像検索したら〜なんと!
思いもよらなかった方向からきました。世の中広いです。ググってください。驚きます。スケネグ…あっスケネクなのね。

そんでもって若者がスケリグ フライヤーと検索しまくってる『スケリグ』はこちら来年1月です。
ea21f2a481349c9ac81650c73726b1e71713dca5.png
わけあってチラシ画像をお見せできないのでこちらから
https://www.stagegate.jp/stagegate/performance/2019/skellig/index.html?fbclid=IwAR1NJmXB78FH0w9eLClF0WyoWaqav-pigz1R_QD-_scGlyUi24GLQwoTBOA


ちなみに同級生の下等くんは昔っから「ビラ」と呼びます。
「いちかわ〜ビラいつ出来るんだっけ〜」みたいな感じ。

ビラってのも…なんだか…やだなぁ
posted by gutter at 22:02| Comment(0) | 演劇